こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 研究開発推進機構ホーム
  2.  > 共同研究の推進
  3.  > 研究者会議
  4.  > 活性酸素と酸化ストレス

活性酸素と酸化ストレス

代表:野口 範子

酸化ストレス研究を中心に、生命医科学、化学などの異分野の研究者が集い、特定のトピックに関する研究発表と討議を通じ、共同研究の土壌を育むことを目的とする。

設置期間内に4回の開催を予定している。参加予定人数は5名。

第1回会議(2012年6月)研究発表と討議
第2回会議(2012年8月)研究発表と討議
第3回会議(2012年10月)研究発表と討議
第4回会議(2012年12月)総括
氏名関心のあるテーマなど
野口 範子酸化ストレスと遺伝子発現制御による適応反応機構
人見 穣酸化反応に関わる金属錯体
小寺 政人金属タンパク質の機構解明に関連する人工酵素の合成および新しい多核金属錯体触媒の開発
斉藤 芳郎活性酸素・酸化ストレスに対する生体の応答メカニズム。酸化ストレスに対する適応反応と生理的意義の探索
浦野 泰臣神経変性疾患における脂質代謝の関与について

(2012年6月25日現在)