こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 研究開発推進機構ホーム
  2.  > 共同研究の推進
  3.  > 研究者会議
  4.  > 計算科学

計算科学

代表:廣安 知之

会議で取り扱うテーマ
計算科学は、数学的モデルとその数値的解法を構築し、計算機シミュレーションにより種々の問題を解決する学問分野である。 理論、実験に続く、第三の科学と呼ばれており理論や実験の代替手法となるだけでなく、たとえば到達できない場所での検討や、莫大な自由度の下での振る舞いの観察といったように、理論や実験では得ることができない結果の取得の可能性がある。 今年度の本研究者会議では、主に、関連の情報交換を行い、学外資金の導入の検討を行う。特に、共通の計算機環境および計算機の管理などについて議論する。

会議の概要
会議では、次のテーマを中心に情報交換を行う。
  1. 各問題における数学的モデルの構築方法
  2. 各問題における数値的解法
  3. 上記の解法の計算機への適用方法
  4. 計算機に関連した最新情報
  5. 学内における計算機の現状とその利用
  6. 学外における計算機の現状とその利用
  7. その他

開催予定行事
2012年春学期中に京田辺キャンパスにて会議を開催し、情報交換を行う。また、秋学期には京田辺キャンパスにて交流会を行う予定である。
氏名関心のあるテーマなど
廣安 知之大規模進化計算、グリッド、クラウドコンピューティング
剣持 貴弘薄膜の生成シミュレーション、生体材料と荷電粒子との相互作用シミュレーション
三木 光範知的照明
和田 元プラズマシミュレーションと開発と応用
吉川 研一生命現象を含む非平衡開放系での自己秩序形成
程 俊通信理論、無線通信方式
高橋 康人電磁界解析、数値解析
吉見 真聡並列計算機アーキテクチャ

(2012年6月25日現在)