こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 研究開発推進機構ホーム
  2.  > 共同研究の推進
  3.  > 研究者会議
  4.  > 都市・地域研究

都市・地域研究(Urban, Regional and Community Studies)

代表:鯵坂 学

グローバル化の中での世界的な不況、環境問題の深刻化、様々な位相での格差が広がるなかで、国民社会の枠組みが大きく揺らいでいる。 国家の限界と市場の失敗が、人類の未来に大きな影を投げかけている。 その一方で、安心や安全、真の生活の豊かさ、多文化の共存を構築するために、歴史的に形成されてきた地域や都市、地方自治・地域コミュニティのありかたが注目されている。
本研究者会議では、経済学・財政学、社会学、地理学、歴史学などの学際的な立場から都市や地域、コミュニティ研究に関心を持つ約10名が研究者会議を組織し、研究交流を行う。 この研究者会議が目指すのは、それぞれの分野の実証的な調査研究の交流であり、フィールドとしては、京都市・大阪市などの近畿地方の都市・地域を焦点とし、それらと国内的、国際的な都市・地域との比較研究をめざす。 時代としては、近世後期からの都市・地域の変動を見据え、近代・現代を主な対象とする。その際、可能であれば、学内だけでなく学外・海外の研究者も招待し、研究の視野を広げる。
また、かつて同志社大学で行われていた「都市・地域」研究の成果を踏まえることを企図する。
研究活動は、年間4回(交流会1回を含む)開催する予定である。
氏名関心のあるテーマなど
鯵坂 学都市や農村におけるくらしのあり方
本岡 拓哉近現代都市における住宅・居住問題
二村 太郎都市における農産物直売の研究
久野 聖子スペインのヒターノの地域文化活動
空閑 浩人地域を基礎にした社会福祉実践研究
永田 祐地域福祉研究
中川 清現代都市の生活問題と社会政策
野間 敏克地域の金融
奥田 以在近現代京都におけるコミュニティの担い手と結集原理に関する研究
田中 智子近代都市における高等教育機関の創設史
徳岡 一幸都市と交通の経済学

(2012年6月25日現在)