こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 研究開発推進機構ホーム
  2.  > 研究助成案内
  3.  > 学内研究助成
  4.  > 研究員一覧
  5.  > 在外研究員(2006年度 在外研究員 一覧)

2006年度 在外研究員 一覧

2006年度 在外研究費による在外研究員一覧

所属職名氏名研究目的期間行先種類
文学部助教授林 克樹意志的自己の存在論に基づく人格概念の再構成2007.3.24
〜2008.3.23
ボン大学およびフランクフルト大学
(ドイツ)
在外研究員Ⅰ
(b項)
社会学部教授尾嶋 史章社会階層と教育に関する国際比較研究2006.4.20
〜2007.4.21
ヨーロッパ大学研究所
政治・社会科学部門およびロバート・シューマン先端研究センター
(イタリア)
在外研究員Ⅰ
(b項)
法学部助教授川崎 友巳アメリカ合衆国における企業犯罪対策の理論と実践の研究2007.3.31
〜2009.3.3
New York University School of Law
および
Columbia University School of Law
(アメリカ)
在外研究員Ⅰ
(a項)
教授市川 喜崇福祉国家の再編と中央-地方関係の変容に関する日英比較2007.3.31
〜2009.2.15
英国バーミンガム大学 地方自治研究所
(The Institute of Local Government Studies, University of Birmingham)
(イギリス)

釜山大学
(韓国)
在外研究員Ⅰ
(b項)
経済学部助教授石倉 忠夫運動技能学習におけるモデリング効果に関する研究2007.3.29
〜2008.3.28
Department of Kinesiology, McMaster University
(カナダ)
在外研究員Ⅰ
(a項)
助教授東 良彰企業の新陳代謝が日本経済の成長やマクロ利潤率に与えた影響に関する理論的および実証的研究2006.7.28
〜2008.7.27
Center for Japanese Studies, University of California, Berkeley
(アメリカ)
在外研究員Ⅰ
(a項)
教授西村 卓近代日本に与えた西洋的インパクトの諸相2006.4.2
〜2007.4.2
SOAS University of London
(イギリス)
在外研究員Ⅰ
(b項)
助教授和田 美憲取引統治構造と経営戦略の国際比較研究2006.4.7
〜2008.4.4
テュービンゲン大学日本文化研究所およびボン大学現代日本研究所
(ドイツ)
在外研究員Ⅰ
(b項)
商学部教授亀田 尚己グローバルビジネス戦略におけるシンガポールの役割2006.7.20
〜2006.9.24
The Nanyang Business School at Nanyang Technological University
(シンガポール)
在外研究員Ⅰ
(b項)
工学部教授伊吹 和泰計算機実験による溶液中の動的過程の微視的解析2006.4.1
〜2007.4.1
Université Bordeaux 1, Laboratoire de Physico-Chemie Moléculaire
(フランス)
在外研究員Ⅰ
(a項)
助教授廣垣 俊樹CAMとCNC工作機械を統合した次世代生産システムに関する研究2006.8.19
〜2007.8.21
niversity of California Berkeley, Mechanical Engineering
(アメリカ)
在外研究員Ⅰ
(a項)
政策学部教授大島 佳代子学校における子どもの表現の自由に関する研究2006.8.21
〜2007.8.20
University of California, Berkeley (Institute for Legal Research)
(アメリカ)
在外研究員Ⅰ
(a項)
言語文化
教育研究
センター
専任講師亀谷 百合佳アメリカの日本研究における太平洋戦争期日本の社会、及び言論への眼差し2006.8.1
〜2007.8.27
ブラウン大学
East Asian Studies Department
(アメリカ)
在外研究員Ⅰ
(a項)
助教授松木 啓子ジャンルとしてのアカデミックライティングの社会記号論的考察2006.4.1〜2007.3.31インディアナ大学
(Indiana University)
(アメリカ)
在外研究員Ⅰ
(b項)
研究開発
推進機構
チェア・
プロフェッサー
(講師)
中村 隆宏難治性眼表面疾患に対する培養粘膜上皮幹細胞移植術の開発2007.3.29
〜2008.3.28
スイス連邦工科大学ローザンヌ校
(スイス)
在外研究員Ⅲ