こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 研究開発推進機構ホーム
  2.  > 研究助成案内
  3.  > 学外研究助成等
  4.  > 各種団体からの研究助成
  5.  > 各種団体からの研究助成 募集終了

各種団体からの研究助成 募集終了

民間等の研究助成団体から本学に案内のあった助成金等の内容を紹介しています。以下の内容はこれまでに送付された募集要項に基づいています。

各種団体からの研究助成募集終了一覧 (2017年度)

No団体名事業名対象分野助成内容締切、その他
31-1東北大学研究推進・支援機構知のフォーラム 2019年度開催テーマプログラム募集社会科学、人文科学、物理科学、生命科学最大1,500万円8月
30-11公益財団法人旭硝子財団2018年度採択 自然科学系「研究奨励」第1分野: 化学・生命科学系
第2分野: 物理・情報系
第3分野: 建築・都市工学系
第1・第2分野:200万円
第3分野:実験研究200万円、調査研究150万円
9月
30-8一般財団法人日本鉄鋼協会第27回(平成30年度)鉄鋼研究振興助成鉄鋼および鉄鋼に関連する学術・技術研究1件あたり総額100万円以上最大300万円を限度7月
30-5公益財団法人中島記念国際交流財団平成30年度 日本人若手研究者研究助成金(1)情報科学
(2)生命科学
500万円以内/件8月
30-4公益財団法人稲盛財団2018年度 稲盛財団研究助成自然科学系、人文・社会科学系
助教相当以上の常勤(有期の場合、本申請研究期間中に任期が残っていること。本申請研究期間を有効とする更新が確定している場合は確認できる文書を添付すれば可)
自然科学系では「40歳以下の若手研究者」の応募を優先
100万円/件7月
30-3公益財団法人りそなアジア・オセアニア財団環境プロジェクト助成アジア・オセアニア諸国・地域における水や緑をテーマにした自然環境の保護や整備を目的とする支援事業50万円~100万円8月
30-2公益財団法人りそなアジア・オセアニア財団平成30年度 調査研究助成/国際学術交流助成/出版助成アジア・オセアニア諸国・地域に関する政治、経済、文化、歴史等の調査、研究、国際会議等の国際交流事業や出版等の啓発・広報活動等に対する助成事業
◆調査研究助成
◆国際学術交流助成
◆出版助成
◆調査研究助成
 個人研究…50~100万程度
 共同研究…50~200万程度
◆国際学術交流助成
 50~200万程度
◆出版助成
 50~120万程度
7月
29-46大学共同利用機関法人生理学研究所日米科学技術協力事業「脳研究」分野
2018年度 共同研究者派遣
脳一般
①細胞・分子
②発達・可塑性・修復
③行動・システム・認知
④疾病の神経生物学
交通費・日当・宿泊料の支給9月
29-45大学共同利用機関法人生理学研究所日米科学技術協力事業「脳研究」分野
2018年度 情報交換セミナー
脳一般
①細胞・分子
②発達・可塑性・修復
③行動・システム・認知
④疾病の神経生物学
・日本開催…日本人講演者の国内旅費および会議費
・米国開催…日本人講演者の交通費・日当・宿泊料を上限200万円で支給
9月
29-44大学共同利用機関法人生理学研究所日米科学技術協力事業「脳研究」分野
2018年度 グループ共同研究
脳一般
①細胞・分子
②発達・可塑性・修復
③行動・システム・認知
④疾病の神経生物学
米国で共同研究実施する際の交通費・日当・宿泊料を支給(上限120万円/年度)9月
29-29公益財団法人発酵研究所2018年度 寄付講座助成微生物学全般
※部局単位で助成
25,000万円9月
29-27公益財団法人発酵研究所2018年度 若手研究者助成微生物(細菌、アーキア、菌類、微細藻類)の研究
(分離、分類、保存、生態、進化など)
500万円×3年8月
29-26公益財団法人発酵研究所2018年度 大型研究助成微生物(細菌、アーキア、菌類、微細藻類)の研究
(1) 微生物の分類(分離、分類、保存、生態、進化など)に関する研究
(2) 微生物の応用(発酵、生理・生化学、生理活性物質、プロバイオティクスなど)に関する研究
(3) 微生物の環境(環境浄化、バイオマス変換、バイオエネルギー、バイオプラスチックなど)に関与する研究
1,000万円8月
29-25公益財団法人発酵研究所2018年度 一般研究助成微生物(細菌、アーキア、菌類、微細藻類)の研究
(1) 微生物の分類(分離、分類、保存、生態、進化など)に関する研究
(2) 微生物の応用(発酵、生理・生化学、生理活性物質、プロバイオティクスなど)に関する研究
(3) 微生物の環境(環境浄化、バイオマス変換、バイオエネルギー、バイオプラスチックなど)に関与する研究
300万円8月
29-103「抹茶と健康研究会」事務局2017年度 研究助成抹茶と健康に関する科学的根拠を広く蓄積するための基礎研究、応用研究100~300万円/件8月
29-101公益財団法人韓昌祐・哲文化財団2017年度 助成日韓に関わる、文化・芸術・歴史・社会・スポーツ・国際交流5~200万円/件8月
29-99広島大学大学院教育学研究科第26回ペスタロッチー教育賞ペスタロッチー精神ないしペスタロッチー教育に通ずる活動をしている個人又は団体
※候補者推薦枠は1名又は1団体
表彰状及びペスタロッチー胸像複製と副賞20万円8月
29-98公益財団法人朝日新聞文化財団2017年度 「朝日賞」候補者推薦人文や自然科学など、わが国のさまざまな分野において傑出した業績をあげ、文化、社会の発展、向上に多大な貢献をされた個人または団体
※推薦は原則1名、最大2名まで
正賞ブロンズ像と副賞500万円/件8月
29-93一般財団法人エヌエフ基金第6回(2017年度) エヌエフ基金 研究開発奨励賞「先端計測」および「環境・エネルギー」
(2017年12月末時点で満35才以下)
◎研究開発奨励賞:表彰状・記念品・副賞10万円
◎研究開発奨励賞優秀賞:表彰状・記念品・副賞50万円
9月
29-87-2公益財団法人賀川事業団雲柱社2017年度第2回 出版助成賀川豊彦に関する研究および著作の出版を助成100万円上限/件7月
29-87-1公益財団法人賀川事業団雲柱社2017年度第2回 賀川豊彦賞国や地域社会の将来を展望し、先駆的なプロジェクトを立ち上げ、社会活動を展開している団体もしくは個人を顕彰1年に1件100万円8月
29-86公益財団法人セコム科学技術振興財団平成29年度 特定領域研究助成①先端医学分野
②社会技術分野
③ELSI(Ethical, Legal and Social Issues)分野
①②最高2,000万円/年
③最高300万円/年
7月
29-85公益財団法人大阪ガスグループ福祉財団平成29年度 高齢者の福祉および健康づくりに関する調査・研究助成一般部門
A. 高齢者の福祉の向上」に役立つ実践的調査・研究
B. 高齢者の健康の維持・増進
C. 高齢者の多様なニーズに対応する分野横断的課題
D. 福祉現場からの創意工夫された実践理論の調査・研究
100万円/件9月
29-84住友生命保険相互会社第11回 未来を強くする子育てプロジェクト
「女性研究者への支援」
現在、育児のため研究の継続が困難な女性研究者および、子育てをしながら研究を続けている女性研究者を対象とし、次の要件を満たす方
① 人文・社会科学分野の領域で、有意義な研究テーマを持っていること。
② 原則として、応募時点で未就学児(小学校就学前の幼児)の育児を行っていること。
③ 原則として、修士課程資格取得者または、博士課程在籍・資格取得者であること。
④ 2名以上の推薦者がいること(うち1名は、従事した、または従事する大学・研究所等の指導教官または所属長であることが必須)。
⑤ 現在、大学・研究所等に在籍しているか、その意向があること。
⑥ 支援を受ける年度に、他の顕彰制度、助成制度で個人を対象とした研究助成を受けていないこと(科研費・育児休業給付などは受給していても応募いただけます)。
100万円/年(2年間まで)9月
29-83公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団平成29年度 調査研究助成疾病の予防、診断、治療における医学、薬学、医工学及び関連諸科学の医療への応用に関する調査研究
課題1:より豊かな生活に貢献する医療技術に関する研究
(1)日常身体活動・機能の非侵襲的な測定装置の開発
(2)QOLの向上を目指した医療技術の開発
課題2:生活習慣病における医学、薬学の萌芽的研究
(1)病態の解明と病態モデルの開発
(2)生理活性物質と創薬に関する研究
課題1:500万円以下/件
課題2:300万円以下/件
7月
29-82公益財団法人上廣倫理財団平成29年度 研究助成(1) 人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関する哲学、倫理学、教育学、心理学等、人文社会科学分野からの研究
(2) 現代の倫理的課題に関する実態研究及び調査
(3) 学校における倫理教育・道徳教育に関する研究
A= 60万円(上限)
B=100万円(上限)
9月
29-81全国農業協同組合中央会平成29年度 JA研究奨励費特別研究課題
①現代社会における農業協同組合(JA)の存在意議と役割について
②「農業者の所得増大と地域の活性化」を図るJAの戦略的行動について

一般研究課題
a. 農業協同組合または協同組合に関するもの
b. 協同組合教育の振興に関するもの
c. JA全国大会に関するもの
特別研究:100万円/件
一般研究:50万円/件
7月
29-80公益財団法人明治安田厚生事業団第34回若手研究者のための健康科学研究助成本年度研究課題
a. 指定課題:運動とメンタルヘルス
b. 一般課題:健康増進に寄与する学術研究
a. 100万円/件
b. 50万円/件
8月
29-79-4公益財団法人中谷医工計測技術振興財団調査研究助成医工計測技術最大300万円/件8月
29-79-3公益財団法人中谷医工計測技術振興財団技術開発研究助成医工計測技術開発研究:400万円/件
奨励研究:200万円/件
8月
29-79-2公益財団法人中谷医工計測技術振興財団技術開発研究助成【特別研究】医工計測技術2年間で最大3,000万円8月
29-78-3公益財団法人上原記念生命科学財団平成29年度研究奨励金生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関する以下の諸分野の研究
(1)東洋医学、体力医学、社会医学、栄養学、薬学一般
(2)基礎医学(上記以外)
(3)臨床医学(  〃  )
200万円/件9月
29-78-2公益財団法人上原記念生命科学財団平成29年度研究助成金生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関する以下の諸分野の研究
(1)東洋医学、体力医学、社会医学、栄養学、薬学一般
(2)基礎医学(上記以外)
(3)臨床医学(  〃  )
500万円/件9月
29-78-1公益財団法人上原記念生命科学財団平成29年度特定研究助成金助成対象課題
「脳-末梢連関による生体恒常性の維持とその破綻」
900万~1,500万円/件7月
29-74平成29年度 都市再生研究助成事業平成29年度 都市再生研究助成事業都市再生に関する研究1年度当たり150万円、2ヵ年で300万円を上限9月
29-73米国社会科学研究評議会(SSRC)安倍フェローシップ・プログラム個人研究プロジェクト(1)個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
(2)成長と持続的な発展
(3)社会・科学・文化のトレンドと変容
(4)ガバナンス、エンパワーメントと市民参加
※課題により異なる9月
29-72一般財団法人全国労働者福祉・共済振興協会(全労済協会)2017年度 公募委託調査研究勤労者の福祉・生活に関連するテーマの調査・研究
2017年度メインテーマ
「ともに支えあう社会をめざして」
総額600万円8月
29-71大阪科学賞運営委員会事務局(大阪府、大阪市、一般財団法人大阪科学技術センター第35回(平成29年度) 大阪科学賞理学、工学、農学、生物学、医学、薬学、情報科学とそれらの学術的分野における科学および新技術の発展に寄与した研究・開発。賞状および賞金150万円7月
29-70株式会社リバネス第37回 リバネス研究費
①L-RAD賞
②JR東日本賞
③東宝賞
④日本の研究.com賞
⑤吉野家賞
「科学技術の発展と地球貢献の実現」に資する若手研究者が、自らの研究に情熱を燃やし、独創性を持った研究を遂行するための助成を行う研究助成制度
①自然科学、社会科学、人文科学、開発、調査全般
②JR東日本が保有するデータ等を活用した新たなサービス・顧客価値を創出する研究テーマ
③エンターテインメントにつながる全ての研究
④研究課題・研究者データベースを活用したあらゆる研究
⑤店舗を取り巻く環境と人の行動変容の関係を追求する研究
50万円6月,7月
29-69公益財団法人松下幸之助記念財団2017年度 松下幸之助国際スカラシップ日本の大学・大学院ないしは研究機関に学生・教員・研究員として在籍し、日本国籍を有する者もしくは日本国に永住を許可されている者で、アジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国の大学・大学院及び政府研究機関に所属して調査研究に従事する者。
(2019年3月までに留学・研究を開始する者で、2017年4月1日時点で年齢40歳未満である者)
月額14万円
1往復分渡航費
7月
29-65積水化学工業株式会社自然に学ぶものづくり研究助成(2017年度)自然に学んだ基礎サイエンスの知見を活かし、「自然」の機能を「ものづくり」に活用する研究①ものづくりテーマ:最高500万円/件
②基盤研究テーマ:最高300万円/件
6月
29-64公益財団法人損保ジャパン日本興亜環境財団2017年度 学術研究助成人文・社会科学系で環境分野の博士号取得費用を助成30万円上限/名6月
29-63鹿児島県離島復興協議会平成29年度 アイランドキャンパス事業鹿児島県の離島における学外活動等の取組を希望する大学・短大等の高等教育機関の教官及び学生を対象最大25万円(実費額が25万円に満たない場合は実費額)6月
29-62公益財団法人生協総合研究所第15回(2017年度) 生協総研賞「研究助成事業」・生活協同組合の今日的な課題および事業・組合員活動における実践的な研究
・くらしの実態に関する経済的、社会的、歴史的視点等からの研究
・消費社会及び消費者組織、社会運動に関する研究
・地域社会、社会政策、福祉政策・事業、地球環境等に関する研究
・大規模災害後に被災地域が直面している課題に関する研究
個人研究:30万円以内/件
共同研究:50万円以内/件
7月
29-61公益財団法人味の素食の文化センター2017年度 食の文化研究助成食の文化研究100万円程度8月
29-59公益財団法人浦上食品・食文化振興財団学術研究助成(1)食品加工技術に関する研究
(2)食品と健康に関する研究
(3)香辛料食品に関する研究
(4)食嗜好に関する研究
(5)食品の安全性に関する研究"
300万円以内/件7月
29-58公益財団法人医療科学研究所2017年度 研究助成①医療及び医薬品に関する経済学的調査・研究
②医薬品等研究開発・生産・流通等に関する調査・研究
③医療とその関連諸領域の学際的調査・研究
50万円以内6月
29-57非営利・協同総合研究所いのちとくらし2017年度 研究助成①21世紀の日本の医療、福祉の施策や制度の現状分析と新世紀への提言
②新自由主義と市場経済論の打破への理論構築
③協同の「まちづくり」と非営利・協同セクターの拡大の実践・理論研究
④非営利・協同の実践・理論探求
個人研究:50万円以内
グループ研究:100万円以内
6月
29-56山田養蜂場みつばち研究助成基金2017年度 研究助成〔予防医学研究助成〕
ⅰ)新規応募研究
A)認知機能・メンタルヘルスに関する研究
B)骨・関節・筋肉に関する研究
C)睡眠に関する研究
D)腸内環境に関する研究
E)美肌・美髪・口腔に関する研究
F)体内動態に関する研究
ⅱ)継続発展研究
これまでの採択テーマの研究を発展させ、社会への貢献を目指す研究

〔特別研究助成〕
個別化予防に繋がる研究

〔環境・養蜂研究〕
①ミツバチ科学または養蜂業の発展に繋がる研究
②自然エネルギーの利用や生物多様性の保持など環境保全に繋がる研究
〔予防医学研究助成〕
ⅰ)新規応募研究
①細胞レベル、動物レベルの場合100万円/件
②臨床試験の場合200万円/件

ⅱ)継続発展研究
①細胞レベル、動物レベルの場合200万円/件
②臨床試験の場合500~1000万円/件

〔特別研究助成〕
100~500万円/件

〔環境・養蜂研究〕
100万円/件
6月
29-55公益財団法人光科学技術研究振興財団平成29年度 研究助成・研究表彰研究への助成
【第1課題】 光科学の未知領域の研究-とくに光の本質について
【第2課題】 細胞間あるいは分子間の情報伝達についての研究

研究者の表彰
光科学に関する基礎的な研究又は光科学技術の向上に役立つ研究
助成金総額:5,000万円
表彰金総額:100万円
7月
29-54公益財団法人大川情報通信基金2017年度大川賞・大川出版賞(第26回)情報・通信分野大川賞:賞状ならびに副賞、賞金1,000万円
大川出版賞:賞状ならびに副賞、賞金100万円
6月
29-53一般社団法人日本内部監査協会2017年度 研究助成会計学、商学、経営学、経済学、法学、情報学等の調査研究に従事している常勤の准教授、助教等(特任教員含む)。50万円以内/件6月
29-52公益財団法人石井記念証券研究振興財団平成29年度 研究助成証券市場に関する研究調査
①研究者助成(55歳未満)
②大学院生(博士後期課程)助成
①70万円以内(但し、特に必要と認められる場合は130万円の範囲内で助成を行う)
②30万円以内
6月
29-51三井物産株式会社三井物産環境基金 2017年度活動助成地球環境問題の解決と持続可能な社会構築に貢献する研究で、下記対象分野に係わるもの
<対象分野>
A.地球環境
B.資源循環
C.生態系・共生社会
D.人間と社会のつながり
1案件あたりの助成金額上限は設定しない。但し、当該案件を効率的に実施するために必要な金額かつ自己資金比率の条件を満たす範囲内。6月
No団体名事業名対象分野助成内容締切、その他
29-48日米研究インスティテュート(USJI)研究プロジェクト「環境・エネルギー」、「安全保障」、「地域協力・統合」、「科学技術政策」を主として、日米を基軸としたグローバルな諸課題 5月
29-47京都クリエイティブビジネス海外展開助成金運営協議会事務局平成29年度 京都クリエイティブビジネス海外展開助成金京都の優れたコンテンツ、ものづくり技術、サービス等の産業を広く海外に発信し、京都ブランドの価値向上、販路開拓等総額600万円5月
29-43公益財団法人ユニベール財団2017(平成29)年度 研究助成(1)社会保障制度を育てる
(2)高齢者の健康と子ども・若者支援
(3)コミュニティの役割
上限100万円/件7月
29-42台北駐大阪経済文化弁事処台湾奨助金(Taiwan Fellowship)台湾、両岸研究、中国大陸研究、アジア太平洋研究、漢学研究といった社会科学の分野研究助成金
新台幣5~6万元/月
居住地-台湾往復航空券1枚(上限:新台幣35,000元)
傷害保険費用:新台幣100万元
6月
29-41株式会社りそな銀行 公益信託高橋信三記念放送文化振興基金「公益信託高橋信三記念放送文化振興基金」助成金(1)放送に関する調査、研究、発表等を行うもの
(2)放送に関する国際交流・国際協力等を行うもの
(3)放送文化の保存・振興等を行うもの
(4)その他広く放送文化の発展・向上とその一層の普及に寄与することを目的とした事業を行うもの
50万~200万円/件5月
29-40公益財団法人NEC C&C財団2017年度 C&C賞候補者推薦C&C技術分野(情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術、およびこれらの融合する技術分野)
エレクトロニクスの基礎と応用にわたる分野の開拓または学術的・技術的研究活動、あるいはC&C分野の進歩がもたらす社会科学的研究活動に関し、顕著な貢献のあった人
賞状、賞牌、賞金(1千万円)5月
29-39公益財団法人倶進会2017年度 科学技術社会論・柿内賢信記念賞(奨励賞、実践賞)個人対象:「科学・技術と社会の問題」に関する研究・実践的活動各30~50万円/件7月
29-38公益財団法人倶進会2017年度 科学技術社会論・柿内賢信記念賞(特別賞)国内在住の個人またはグループ・組織対象:研究または実践における科学技術社会論に対する貢献の実績70万円7月
29-37公益財団法人SGH財団第29回(2017年度)SGHがん研究助成がんの基礎及び臨床における優れた研究100万円/件6月
29-36公益財団法人テルモ生命科学芸術財団2017年度 研究開発助成①医療機器
②再生医療
③バイオマテリアル、生体成分、生理活性物質
④予防医療、健康寿命延伸
⑤看護
⑥介護
100万~1,000万円6月
29-35公益財団法人カシオ科学振興財団第35回(H29年度)研究助成[特別テーマ]自然科学および人文科学のすべての分野。題目「地球環境を課題とする問題解決に向けた研究」

[基本テーマ]
A 電気工学・機械工学を中心とした15分類に該当する幅広いテーマ
B 健康維持・増進を目的とした電子工学と医学/生理学の異分野からなる学術研究を中心とした4分類
C 人材育成・人間行動を中心とした2分類
特別テーマ:500万円
基本テーマ:100万円
5月
29-34隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会H29年度 隠岐ユネスコ世界ジオパーク学術研究奨励事業【新規】
隠岐島内の人文・社会科学および自然科学
上限15万円/件5月
29-33一般社団法人近畿建設協会H29年度 近畿建設協会研究助成(1)今後の河川・道路等社会資本整備のあり方に関する研究
(2)社会資本整備に係わる技術の向上に関する研究
(3)社会資本整備に係わる環境の保全と創造に関する研究
(4)自然災害の防災・減災に関する研究
100万円以内5月
29-32公益財団法人コスメトロジー研究振興財団2017年度 「コスメトロジー研究」研究助成化粧品学及びそれに関連する基礎的分野の課題
① 素材、物性に関する分野
② 生体作用、安全性に関する分野
③ 精神、文化に関する分野
50万~200万円/件7月
29-31公益財団法人住友財団2017年度 環境研究助成【一般研究】
環境に関する研究(分野は問わない。)
【課題研究】
「地域固有の環境問題の理解および解決のための学際研究または国際共同研究」
【一般研究】
最大500万円/件
【課題研究】
最大1,000万円/件
6月
29-30公益財団法人住友財団2017年度 基礎科学研究助成理学(数学、物理学、化学、生物学)の各分野及びこれらの複数の分野にまたがる基礎研究で萌芽的なもの最大500万円/件6月
29-28公益財団法人発酵研究所2017年度 研究者招聘・留学助成微生物(細菌、アーキア、菌類、微細藻類)の研究(分離、分類、保存、生態、進化など)
(1) 上記研究目的の途上国の外国人研究者
(2) 上記に関する学会発表目的の途上国の外国人研究者
(3) 上記研究目的で外国留学する日本人研究者
(1) 最高25万円/月×1年以内
(2) 最高20万円/名
(3) 最高25万円/月×1年以内
5月
29-24DNP文化振興財団2017年度 グラフィック文化に関する学術研究助成グラフィックデザイン、グラフィックアートに関する研究上限50万円/年7月
29-23キヤノン財団研究助成プログラム「理想の追求」食に関する研究上限3,000万円7月
29-22キヤノン財団研究助成プログラム「産業基盤の創生」ICT・エレクトロニクス・ロボティクス、健康・医療・生命科学、バイオテクノロジー、環境・資源・エネルギー、マテリアル・デバイス・プロセス、サービスサイエンス上限1,500万円6月
29-21公益財団法人鉄鋼環境基金第38回(2017年度) 環境助成研究鉄鋼製造に関連する環境保全技術課題に関する研究一般研究助成:150万円/年以下
若手研究助成:100万円/年以下
5月
29-18公益財団法人藤原科学財団藤原セミナー自然科学の全分野に関する、日本の研究者が計画・主催する学問的に水準の高い国際セミナーの開催に必要な経費を援助1,200万円/件(総額2,400万円)以内7月
29-17公益財団法人ロッテ財団a) 研究者育成助成〈ロッテ重光学術賞〉
b) 奨励研究助成
①食料の生産・加工・流通・保存・備蓄・廃棄に関わる技術
②食品のマーケティング
③食文化
④嗜好性
⑤栄養
⑥食品安全・衛生
⑦上記①~⑥の複合領域
⑧発酵 (2018年度特定課題)
a) 1件あたり 1,500万円/年×最長5年間
b) 最大300万円/件
6~7月
29-16公益財団法人都市緑化機構第28回 緑の環境プラン大賞「シンボル・ガーデン」「ポケット・ガーデン」「特別企画『おもてなしの庭』」の各部門100~2,020万円6月
29-15公益財団法人都市緑化機構第37回 緑の都市賞「緑の市民協働」「緑の事業活動」「緑のまちづくり」の各部門5~20万円6月
29-14公益財団西枝財団若手創造者支援・助成事業現代美術・工芸・デザイン・など文化全般・展覧会場所の提供
・70万円助成
・図録の作成(印刷代は助成金と別支給)
6月
29-12公益財団法人日本証券奨学財団平成29年度 研究調査助成証券金融経済分野(証券、金融、財務・会計、企業・経営、法律、経済、社会)100万円程度/件、総額1,000万円6月
29-11公益財団法人井上科学振興財団第10回(2018年度) 井上リサーチアウォ-ド自然科学の基礎的研究で博士の学位取得後9年未満(2018年3月31日現在)の研究者100万円程度/件、総額1,000万円7月
29-10公益財団法人井上科学振興財団第34回(2017年度) 井上研究奨励賞自然科学の基礎的研究(理学、工学、医学、薬学、農学等)本賞:賞状及び銅メダル
副賞:50万円
8月
29-9公益財団法人サントリー生命科学財団2017年度 SUNBOR GRANT有機化学を基盤とする生命科学分野のうち、次世代の基盤となりうる研究分野課題「生物有機化学的手法による複合型生体分子の機能解明」上限2,000万円/年、3年間支給6月
29-8公益財団法人野村財団2018年度 金融・証券のフロンティアを拓く研究助成金融・証券分野の発達に資する画期的、意欲的な研究プロジェクト上限2,000万円/件6月
29-7みずほ信託銀行株式会社
公益信託エスペック地球環境研究・技術基金
平成29年度 公益信託エスペック地球環境研究・技術基金緑化に関する具体的な緑化教育・啓発活動総額900万円程度、10~20件程度助成5月
29-6みずほ信託銀行株式会社公益信託エスペック地球環境研究・技術基金平成29年度 公益信託エスペック地球環境研究・技術基金(エスペック環境研究奨励賞)地球環境問題の解決に資する調査研究、及び技術開発に関する研究総額900万円上限、10~20件程度助成5月
29-5公益財団法人泉科学技術振興財団平成29年度 研究助成高度機能性材料及びこれに関連する科学技術の基礎研究分野100万円以下/件6月
29-4一般財団法人法政大学出版局第4回 法政大学出版局学術図書刊行助成論文人文・社会科学分野における学術的研究成果、もしくは海外の古典的作品の翻訳100万円前後/件(出版費に充当)5月
29-3公益財団法人大川情報通信基金2017年度 研究助成情報・通信分野
①基礎分野
②通信・インターネット分野
③コンピュータシステム分野
④人工知能分野
⑤バイオ分野
⑥応用分野(A)
⑦応用分野(B)
⑧人文、社会科学分野
100万円/件5月
29-2公益財団法人山崎香辛料振興財団平成29年度 研究助成香辛料の基礎的研究並びに香辛料の原材料や応用などの関連分野に関する研究100万円以内5月
29-1公益財団法人メルコ学術振興財団2017年度 管理会計研究助成(一次募集)日本企業で実践されている優れた管理会計実務の定式化、又は理論化を目指す研究
①研究助成 
②国際研究交流助成
③出版助成
①30~200万円程度(総額1,300万円以内)
②10~50万円(総額500万円以内)
③150万円限度(総額150万円以内)
5月
28-222公益財団法人日本生命財団2017年度 ニッセイ財団高齢社会助成(若手実践的課題研究助成)「実践的研究助成対象分野・テーマ」に対する課題を明確にした実践的研究(45歳未満)最大100万/件
総額472万円
6月
28-221公益財団法人日本生命財団2017年度 ニッセイ財団高齢社会助成(実践的課題研究助成)「実践的研究助成対象分野・テーマ」に対する課題を明確にした実践的研究への助成2年間最大400万円
(1年最大200万円)
6月
28-220公益財団法人日本生命財団2017年度 ニッセイ財団高齢社会助成(地域福祉チャレンジ活動助成)地域包括ケアシステムの展開、そして深化につながる活動へチャレンジするための助成2年間最大400万円
(1年最大200万円)
5月
28-219公益財団法人発達科学研究教育センター発達科学研究教育奨励賞「幼少期の子どもの可能性を引き出し、心身の調和のとれた発達をはかること」を主たる研究テーマとするもの50万円/件上限5月
28-218公益財団法人日揮・実吉奨学会2017年度 研究助成金理工系研究者200万円/名5月
28-217和歌山県平成29年度 和歌山県データを利用した公募型研究事業①和歌山県の過疎地域における集落の維持・活性化と再編
②和歌山県の健康寿命の延伸
200万円/件5月
28-216公益財団法人明治安田こころの健康財団第53回(2017年度) 研究助成
精神保健・福祉の諸領域についての基礎的、臨床的な研究への助成
【研究分野】
①心理学・医学的研究
②社会学・社会福祉学的研究
【研究領域】
①子ども(乳幼児期から思春期・青年期まで)に関する精神保健・福祉の領域
②家族・家庭の問題に関する精神保健・福祉の領域
③高齢者に関する精神保健・福祉の領域
50万円/件上限4月
28-215公益財団法人セコム科学技術振興財団平成29年度 一般研究助成国民生活の安全確保、災害防止等国民生活に密着した研究について助成準備期間…500万円/件、本格研究期間…1500万円/件、総額5000万円以内4月
28-213グラクソ・スミスクライン株式会社2017年度GSKジャパン研究助成医学・生命科学および関連する科学の領域における若手研究者の研究支援200万円以内5月
28-212公益財団法人永守財団研究助成2017モータ、アクチュエータ、発電機およびそれらの制御方法、その応用技術等に関連する技術分野100万円/件5月
28-211一般財団法人橋本循記念会平成29年度中国伝統文化に関する出版助成中国伝統文化(文学・言語・思想・歴史・芸術の5分野)に関する学術成果の出版助成100万円以内5月
28-210一般財団法人橋本循記念会平成29年度 中国伝統文化に関する調査・研究助成中国伝統文化(文学・言語・思想・歴史・芸術の5分野)および中国伝統文化に関する資料の調査・研究に対する助成150万円以内4月
28-209一般財団法人橋本循記念会平成29年度 中国伝統文化に関する研究交流活動助成(前期)中国伝統文化(文学・言語・思想・歴史・芸術の5分野)に関する研究交流活動に対する助成100万円以内4月
28-208一般財団法人材料科学技術振興財団第17回(平成29年度) 山﨑貞一賞①計測評価分野
②バイオサイエンス・バイオテクノロジー分野
300万円4月
28-205株式会社リバネス第36回 リバネス研究費
①超異分野教育賞
②留学生賞
③池田理化再生医療研究奨励費
④海底探査推進特別賞
⑤クラレ賞
⑥天然物由来素材研究推進賞
⑦L-RAD賞
①未来の教育の実装に向けたあらゆる分野の研究 ※教育学以外もOK
②自然科学、社会科学、人文科学分野のあらゆる研究 ※来日の留学生対象
③ESC、iPSC、MSC等の幹細胞やその他の細胞を用いたヒト臨床を伴わない研究
④全海底地形図の作成に資する全ての研究
⑤3次元細胞培養プレートElplasia®(エルプラシア)を用いた研究テーマ
⑥植物、微生物、海洋生物など天然物から抽出した物質の生理活性を明らかにする研究 ※特に脳の働きに関連する生理活性
⑦自然科学、社会科学、人文科学の研究、開発、調査全般
①②③④⑥⑦:50万円
⑤:研究費50万円+3次元細胞培養プレートElplasia®の無償提供
① 3月
②③④⑤⑥
4月
⑦ 5月
28-203公益財団法人村田学術振興財団第33回(平成29年度)研究助成
①研究助成
②研究会助成
③海外派遣援助
[自然科学]エレクトロニクスを中心とする自然科学の研究
[人文・社会科学]国際化にともなう法律、社会、文化等の諸問題に関する研究
【研究助成】
・自然科学 総額18,000万円
・人文・社会科学 総額4,000万円
【研究会助成】
・自然科学 総額2,100万円
・人文・社会科学 総額300万円
【海外派遣援助】
・自然科学 総額1,900万円
・人文・社会科学 総額700万円
3月
28-202_3公益財団法人立石科学技術振興財団2017年度 国際会議開催助成エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための国際会議開催に助成100万円以下/件6月
28-202_2公益財団法人立石科学技術振興財団2017年度 後期国際交流助成エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための海外派遣に助成国際会議発表 40万円以下/件
短期在外研究 70万円以下/件
6月
28-202_1公益財団法人立石科学技術振興財団第5回(平成29年度)立石賞エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動に助成500万円6月
28-201公益財団法人戸部眞紀財団平成29年度研究助成化学・食品科学、芸術学、体育学/スポーツ科学、経営学100万円4月
28-200公益財団法人日本生命財団平成29年度ニッセイ財団 環境問題研究助成①学際的総合研究
人間活動と環境保全との調和に関する研究-人と自然が共生する持続可能な地域づくり、自然災害と環境保全-
②若手研究・奨励研究
「人間性豊かな生活環境の確立」に役立つ着想豊かな・新しい分野への挑戦的研究を期待する
①1,000万円~1,500万円
②50~150万円程度
4月
28-199公益財団法人ひと・健康・未来研究財団2017年度研究助成食品、環境、医学、福祉の研究20万円~100万円4月
28-196一般財団法人サムコ科学技術振興財団平成29年度研究助成薄膜技術分野上限200万円4月
28-195公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団第26回 エネルギー・リサイクル分野 助成事業
第23回 総合防災科学分野 助成事業
①研究助成
②国際交流活動助成
③研究成果の出版助成
④研究発表会等の開催助成
<エネルギー・リサイクル分野>
電気エネルギーの供給・利用技術、電気エネルギーに係る資源リサイクル技術等に関する研究
<総合防災科学分野>
被災時における電力供給をはじめとするライフラインの早期復旧に資する研究
①100万円以下
②研究者海外渡航:20万円以下、
海外研究者招聘:50万円以下
③10万円以下
④40万円以下
2月、7月、8月
28-193中部電力株式会社 原子力安全技術研究所2017年度 公募研究
  1. 原子力の将来技術に資する基礎基盤的研究
  2. 原子力発電所の安全性向上に資する研究
  3. 浜岡原子力発電所1,2号機の廃止措置の改善に資する研究
  4. 浜岡原子力発電所3,4,5号機の保守性・作業性の向上に資する研究
1件当たり500万円/年を限度2月
28-191公益財団法人NEC C&C財団国際会議論文発表者助成候補者 2017年度前期分募集C&C分野、及びその関連技術12~25万円、開催地などによる2月
28-190公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団第29回(平成29年度)加藤記念国際交流助成バイオサイエンス分野・欧州・南米・アフリカ;30万円
・北米(東部)・メキシコ:25万円
・ロシア・西南アジア:25万円
・北米(西部)・オセアニア・インド:20万円
・東南アジア:15万円
・東アジア(中国・韓国・台湾):10万円
上期2月
28-188公益財団法人武田科学振興財団2017年度研究助成
①特定研究助成
②生命科学研究助成
③ライフサイエンス研究奨励
④医学系研究奨励
⑤医学系研究奨励継続助成
⑥薬学系研究奨励
⑦薬学系研究奨励継続助成
⑧ビジョナリーリサーチ助成(スタート)
⑨ビジョナリーリサーチ助成(ホップ)
⑩ビジョナリーリサーチ助成(ステップ)
⑪ビジョナリーリサーチ助成(ジャンプ)
①医学分野
②健康増進に寄与する生命科学分野(医/薬/歯/理/工/農 等)
③健康増進に寄与する生命科学分野(理/工/農 等)
④⑤医学分野
⑥⑦薬学分野
⑧⑨⑩⑪医学分野
①5,000万円以内
②1,000万円
③200万円
④200万円
⑤300万円
⑥200万円
⑦300万円
⑧200万円
⑨500万円
⑩1,000万円
⑪3,000万円
3月~4月
28-187公益財団法人生命保険文化センター平成29年度生命保険に関する研究助成生命保険およびこれに関連する研究上限50万円4月
28-186ローム株式会社2017年度 研究公募
  1. 実装研究分野
  2. MEMS研究分野
  3. 省エネLSI研究分野
  4. 無線通信研究分野
200万円/件上限2月
28-182公益財団法人三島海雲記念財団平成29年度 学術研究奨励金
  1. 自然科学部門 食の科学に関する学術研究
  2. 人文科学部門 アジア地域を対象とし、史学・哲学・文学を中心とする人文社会科学分野における学術研究
100~500万円2月
28-180公益財団法人三菱財団第48回(平成29年度)社会福祉事業並びに研究助成開拓的ないし実験的な社会福祉に関する科学的調査研究(個人・法人いずれも可)1件あたりの金額の定めなし
(総額約8200万円)
1月
28-179公益財団法人三菱財団第46回(平成29年度)人文科学研究助成人文学分野、及びそれに関連する分野からなる、人文社会系研究全般原則500万円以内(総額5800万円)1月
28-178公益財団法人三菱財団第48回(平成29年度)自然科学研究助成自然科学のすべての分野2000万円以内(総額約2億8000万円)2月
28-175大学共同利用機関法人自然科学研究機構平成29年度自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンターバイオネクスト共同利用研究の公募・次世代バイオ共同利用研究
・次世代バイオ共同利用実験
なし12月
28-174ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京、在日ドイツ商工会議所ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2017」材料、デジタル化とモビリティ、エネルギー、ライフサイエンス賞金 250万円1月
28-173財団法人電気通信普及財団特別講義開設援助情報通信に関連する研究金額の設定なし5月
28-171公益財団法人高梨学術奨励基金①平成29年度若手研究助成
②平成29年度特定研究助成(今年度は募集なし)
③平成29年度刊行助成
(1) 歴史学(考古学、 文献史学<絵巻等の視覚史料を含む>、及び美術史)とそれに関連する分野の調査研究
(2) 文明興亡史の調査研究
①総額2,100万円程度
③100万円
2月
28-168公益財団法人京都技術科学センター平成29年度研究開発助成金
  • 材料技術
  • 機械技術
  • 電気電子技術
100万円~120万円1月
28-165公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター2017年度パブリックヘルス科学研究助成金ストレス科学、生命医科学上限100万円12月
28-164公益財団法人野村財団2017年度 社会科学助成 研究助成法学・政治学・経済学を中心とする社会科学分野上限100万円11月
28-161一般社団法人日本アルミニウム協会平成29年度アルミニウム研究助成アルミニウム産業の需要拡大に役立つものを対象とする。30万円~50万円1月
28-158公益財団法人河川財団平成29年度 河川基金【研究者・研究機関部門】
防災・減災や河川・流域の視点から、治水・利水・環境に関する新たな科学的知見を得る取り組みや新技術の開発に向けた調査・研究
①一般的助成
②緊急災害調査
③学術図書出版
④アウトリーチ活動助成 A
100万円(上限)~300万円(上限)11月
28-157笹川スポーツ財団(SSF)2017年度 笹川スポーツ研究助成以下の3テーマに該当する人文・社会科学領域の研究
①スポーツ政策に関する研究
②スポーツとまちづくりに関する研究
③子ども・青少年スポーツの振興に関する研究
奨励研究:上限50万円
一般研究:上限100万円
11月
28-156公益財団法人たばこ総合研究センター平成29年度 研究助成たばこを始めとする嗜好品に関する人文・社会科学の分野50万円~100万円11月
28-150公益財団法人JR西日本あんしん社会財団平成29年度公募助成(活動及び研究)事故、災害や不測の事態に対する備えに関する研究 または、事故、災害や不測の事態が起こった後の心身のケアに関する活動及び研究活動助成:70万円以下
研究助成:200万円以下
11月
28-146公益財団法人池谷科学技術振興財団平成29年度公益財団法人池谷科学技術振興財団 助成事業
①研究助成
②国際交流助成
先端材料及びこれに関連する科学技術分野①~150万円
②~50万円
11月
28-139公益財団法人アイコム電子通信工学振興財団平成29年度調査・研究助成大学院博士後期課程で電子通信工学に関する調査・研究に対する助成30万円以内12月
28-132公益財団法人平和中島財団研究助成地球環境問題への対処や社会の新しい枠組みの構築等の提言を行う、国際規模の共同研究
①2017年度国際学術共同研究助成
②アジア地域重点学術研究助成
③外国人研究者等招致助成
①500万円以内
②150万円以内
③100万円以内
10月
28-127公益財団法人国際文化交流事業財団平成29年度人物交流派遣・招聘事業文化又は教育に関する活動に携わっている日本の学者、研究者、教育者又は芸術家等10万円~20万円12月
28-113公益財団法人NEC C&C財団2017年度外国人研究員助成日本国内の大学において、情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術およびこれらの技術の融合した技術分野、すなわち広くエレクトロニクスの基礎から応用にいたる分野の研究を行っている外国人大学院生に対し、研究費等を補助月額12万5千円 最長1年まで9月
28-111公益財団法人関西・大阪21世紀協会平成29年度日本万国博覧会記念基金助成事業(1) 国際相互理解の促進に資する活動
① 国際文化交流、国際親善に寄与する活動 ※平成29年度重点テーマ
② 学術、教育、社会福祉、医療及び保健衛生に関する国際的な活動
③ 自然の保護その他人間環境の保全に関する国際的な活動
(2) 文化的活動
① 日本の伝統文化の伝承及び振興活動 ※平成29年度重点テーマ
② 芸術及び地域文化に関する活動
100万円~1,000万円9月
28-68公益財団法人井上科学振興財団第9回(2017年度)井上リサーチアウォ-ド自然科学の全分野500万円7月
28-61公益財団法人稲盛財団2017年度稲盛財団研究助成自然科学系、人文・社会科学系
自然科学系では「40歳以下の若手研究者」の応募を優先
100万円7月
28-53公益財団法人三島海雲記念財団第6回(平成29年度)三島海雲学術賞1)自然科学部門 食の科学に関する研究
2)人文科学部門 アジア地域の歴史を中心とする人文科学に関する研究
200万円9月
28-22公益財団法人野村財団2017年度 金融・証券のフロンティアを拓く研究助成国内外の金融・証券に関する経済学・法学等の理論的研究、データ分析に基づく実証的研究、幅広い学問分野にまたがる学際的研究、海外の研究者も加えた国際的研究など、金融・証券分野の発達に資する画期的、意欲的な研究プロジェクト助成総額2,000万円
(1件あたりの上限なし)
6月

各種団体からの研究助成募集終了一覧 (2016年度分)

No団体名事業名対象分野助成内容締切、その他
28-214国立大学法人北海道大学北海道大学情報基盤センター萌芽型共同研究情報基盤を用いたグランドチャレンジ的な研究と、これを推進するための学際的な共同利用・共同利用に係る研究課題
A) 計算資源利用型(JHPCN萌芽型共同研究)
B) 研究集会開催支援型
A) 最大50万円
B) 最大30万円
4月
28-207株式会社パーソル総合研究所若手研究者を支援する研究助成プログラム①労働経済領域
②働き方改革領域
③人材・組織開発領域
200万円/件(上限)4月
28-206公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団国内研究助成①自然科学・技術(1)
 水処理に関する理論、技術、分析などの研究
②自然科学・技術(2)
 水域生態系保全に関する研究
③人文・社会科学
 水に関する文化、教育、歴史、政策、制度などの研究
④特別テーマ
 「水を究める」研究
⑤萌芽的研究
 自然科学・技術の分野、人文・社会科学の分野で特に新しい切り口や手法に基づく水に関する研究
自然科学・技術(1) 100万円/年
自然科学・技術(2) 100万円/年
人文・社会科学 70万円/年
特別テーマ 100万円/年
萌芽研究 50万円/年
5月
28-204フジサンケイ ビジネスアイ第31回 独創性を拓く 先端技術大賞A:エレクトロニクス・情報
B:バイオ、生体・医療、医薬、食品
C:材料
D:環境・エネルギー
E:機械・土木・建築
F:化学
G:ノンセクション(A~Fの複数領域にまたがるか、この領域外のテーマ)
3月
28-198公益財団法人サントリー文化財団(A)人文科学、社会科学に関する学術的グループ研究助成
(B)地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成
(A)人文科学、社会科学の分野における、特定の専門分野に偏らないメンバーで構成された学際的なグループ研究
(B(地域文化活動を行っている人(実践者)と研究者による共同研究
50万円~300万円4月
28-197公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会コスモス国際賞受賞候補推薦自然科学、人文・社会科学などの幅広い分野の研究。
花と緑に象徴されるすべての生命現象に関し、地球的視点における生命体相互の関係性、統合性の本質を解明しようとする研究活動や業績。
賞状、賞牌及び副賞(4,000万円)4月
28-194公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団平成28年度第2回国際交流助成ゲームに関する「国際交流(参加)」総額70万円以内4月
28-192一般財団法人バイオインダストリー協会①バイオインダストリー大賞
②バイオインダストリー奨励賞
バイオサイエンス、バイオテクノロジーおよびバイオインダストリー分野①賞状・賞牌および副賞300万円
②賞状および副賞30万円
4月
28-189米国社会科学研究評議会安倍フェローシップ・プログラム個人研究プロジェクト
  1. 個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
  2. 成長と持続的な発展
  3. 社会・科学・文化のトレンドと変容
  4. ガバナンス、エンパワーメントと市民参加
※課題により異なる9月
28-185一般社団法人日本アンカー協会平成28年度(第15回)日本アンカー協会研究助成アンカー工法に関する研究50万円/件1月
28-184株式会社リバネス第34回リバネス研究費
①L-RAD賞
②メタジェン・腸内デザイン賞
「科学技術の発展と地球貢献の実現」に資する若手研究者が、自らの研究に情熱を燃やし、独創性を持った研究を遂行するための助成を行う研究助成制度
①自然科学、社会科学、人文科学の研究、開発、調査全般
②腸内環境に関するあらゆる研究分野。情報学を基盤とした研究、微生物分野のほか、カテゴライズ不能な新規のアイデアも大歓迎
①50万円
②上限50万円
2月
28-183公益財団法人メルコ学術振興財団2016年度(三次募集)管理会計研究助成管理会計学の研究
1.国際研究交流助成
20~50万円(総額180万円程度)2月
No団体名事業名対象分野助成内容締切、その他
28-181公益財団法人セコム科学技術振興財団平成28年度 挑戦的研究助成「セコムチャレンジ2016」・サイバーフィジカルシステム、セキュリティ、人工知能
・階層性を超えた生命基本原理:統合的アプローチ
・人間・社会情報学に基づく人工環境システムの構築
・最先端科学(生命・人工知能・ドローン等)と ELSI(Ethical, Legal and SocialIssues)
最大300万円/年、最大3年間で総額900万円以内1月
28-172公益財団法人電気通信普及財団海外渡航旅費援助情報通信に関連する研究地域別に定められた金額を上限とし、学会開催地までの往復航空運賃と滞在費の一部を援助2月
28-170一般財団法人冠婚葬祭文化振興財団第18回社会貢献基金助成(1)研究助成事業
次のテーマの趣旨に合致する活動
テーマ「婚礼(結婚式)、葬儀(お葬式)など儀式文化の調査研究」
(2)高齢者福祉事業
(3)障害者福祉事業
(4)児童福祉事業
(5)環境・文化財保全事業
(6)国際協力・交流事業
総額およそ1,000万円(1件当たりの助成額上限200万円。但し、研究助成事業は上限100万円)2月
28-169公益財団法人永守財団第3回永守賞モータ、アクチュエータ、発電機およびそれらの制御方法、その応用技術等に関連する技術分野・表彰式で「永守賞大賞」を発表
・副賞は、永守賞大賞は500万円、永守賞は100万円
1月
28-162東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合第5回TOBIRA研究助成バイオマーカー、診断薬、医療用診断機器および基礎医学に関する研究TOBIRA賞を授与
総額50万円
2月
28-160公益社団法人新化学技術推進協会第6回新化学技術研究奨励賞化学技術に関する研究
(特別課題(防災・減災・復興関連)と将来の化学産業として必要な新規技術について、環境分野、エネルギー・資源分野、電子情報分野、ライフサイエンス分野、先端化学・材料分野からの11課題)
100万円/件1月
28-159公益財団法人長岡市米百俵財団第21回米百俵賞教育、文化、福祉、スポーツ、産業等の分野表彰楯、副賞(賞金100万円)1月
28-116公益財団法人山田科学振興財団①研究助成
②海外研究留学助成
①自然科学の基礎的研究
②6ヶ月~1年間の海外研究留学
①1件当たり100~500万円、総額3,000万円
②1件当たりUS$10,000-(総額US$70,000-)
①2月
②10月
28-48公益財団法人山田科学振興財団国際学術集会開催助成自然科学の基礎的分野総額800万円以内2月
28-19公益財団法人内藤記念科学財団第44回(2016年度)内藤記念講演助成金自然科学の基礎的研究
年4回受付 ①夏季 ②秋季 ③ 冬季 ④春季
50万円/件上限①5月 ②8月 ③11月 ④2月
28-177イムラ・ジャパン株式会社第1回 先端シーズ研究への研究助成(イムラ・ジャパン賞)微生物の産業利用に関する研究(医療、薬剤は除く)上限100万円1月
28-176公益財団法人日本生産性本部生産性研究助成広く経営、労働、生産性などに関する領域50万円または100万円12月
28-167一般財団法人 国土技術研究センター第19回 国土技術開発賞住宅・社会資本整備もしくは国土管理に係わる、調査・計測手法、計画・設計手法、施工技術、施工システム、維持管理手法(点検・診断技術、モニタリング技術を含む)、材料・製品、機械、電気・通信、伝統技術の応用などの広範に亘る技術表彰研究開発推進課締切
12月
*件数制限有
28-166一般財団法人パロマ環境技術開発財団平成28年度パロマ環境技術開発財団 研究助成金ガス燃焼機器とそれに関連する安全技術、加工技術などの科学技術の学術的研究50万円~100万円12月
28-163公益財団法人りそな中小企業振興財団第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」新技術・新製品を自ら開発した中小企業、個人事業主および異業種交流等のグループや組合。
大学等が技術指導面などで貢献した場合は合わせて表彰されます。
表彰状、盾、副賞(10~100万円)12月
28-155一般社団法人石橋湛山記念財団第9回「石橋湛山新人賞」若手研究者(主に大学院生)による石橋湛山の思想に通じる優秀な作品の推薦
11月
28-154公益財団法人富山県ひとづくり財団第34回「とやま賞」(1)富山県出身又は富山県内在住の者
(2)学術研究、科学技術、文化・芸術、スポーツ等の分野において、すぐれた業績を挙げ、かつ、将来の活躍が期待される個人又は団体
100万円11月
28-153三井物産株式会社三井物産環境基金2016年度研究助成地球環境問題の解決と持続可能な社会構築に貢献する研究で、下記対象分野に関わるもの
<対象分野>
A.地球環境
B.資源循環
C.生態系・共生社会
D.人間と社会のつながり
1案件あたりの助成金額上限は設定しない。但し、当該案件を効率的に実施するために必要な金額の範囲内。11月
28-152公益財団法人サントリー文化財団若手研究者のためのチャレンジ研究助成人文科学・社会科学分野の個人研究上限100万円11月
28-151公益財団法人大学コンソーシアム京都2016年度 「大学の知」を活かした多角的な市政研究事業指定テーマ『文化を活かした京都の活性化について』
分野別テーマ(研究の視点)
①観光と文化~文化・文化財はインバウンドの中核コンテンツ~【ユニット1】
②産業と文化~文化によるインパクトある新たなものづくり~【ユニット2】
③暮らしと文化~日本の暮らしの文化の継承・発展~【ユニット3】
④まちづくりと文化~文化芸術は地方創生の起爆剤~【ユニット4】
500万円(上限)/年11月
28-149資生堂女性研究者サイエンスグラント事務局第10回「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」自然科学分野
なお、界面・コロイド化学の応募を積極的に歓迎
100万円、最大10件11月
28-148公益財団法人藤原科学財団第58回藤原賞自然科学分野賞状、賞牌、副賞(1千万円)12月
28-147公益財団法人新化学技術推進協会2016年度 第16回グリーン・サステイナブル ケミストリー賞(略称:GSC賞)
①経済産業大臣賞
②文部科学大臣賞
③環境大臣賞
④スモールビジネス賞
⑤奨励賞
①産業技術の発展に貢献した業績
②学術の発展・普及に貢献した業績
③総合的な環境負荷低減に貢献した業績
④中小規模の事業体による業績
⑤将来の展開が期待できる業績
表彰                         11月
28-145公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団(YMFS)第9回ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞「功労賞」
長年にわたるスポーツ振興への貢献や過去の先駆的実績を誇るチャレンジ
「奨励賞」
今後のスポーツ振興に大きな影響力が期待される、その年、極めて高い成果を上げたチャレンジ
賞金: 100万円
(チームの場合は200万円)
副賞: 賞状、メダル
11月
28-144株式会社リバネス第33回リバネス研究費
①オンチップ・バイオテクノロジーズ 1 cell biology賞
②日本マイクロソフト賞
③Pall ForteBIO賞
④L-RAD賞
「科学技術の発展と地球貢献の実現」に資する若手研究者が、自らの研究に情熱を燃やし、独創性を持った研究を遂行するための助成を行う研究助成制度
①弊社の1細胞分注装置“On-chip SPiS”を活用する研究テーマ
②コンピュータによるデータ分析や機械学習処理を伴うすべての研究分野、またはコンピュータサイエンスとの学際連携研究
③分子間相互作用解析装置BLItzを用いた研究
④自然科学、社会科学、人文科学の研究、開発、調査全般
50万円①②③11月
④10月
28-143公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団石本記念デサントスポーツ科学振興財団学術研究体育学、健康科学、人間工学、被服科学、運動施設工学等健康の増進と体力の向上に関わる学術、その他スポーツ振興に寄与する学術研究50万円11月
28-142ヘルシー・ソサエティ賞事務局第13回ヘルシー・ソサエティ賞(教育者部門)社会のあらゆる場において、教育を深め、人々に更なる知識を与えた実績を対象とする。例えば、学生・生徒達を特別な方法で指導し、本来の担当業務の範囲を超えて特別な努力をされた先生、その方の教えがより良い明日の実現のために貢献したと考えられる教育者・研究者の方、または社会的に不利な立場にある方々の教育に多大な努力をされた方等。賞状、記念杯11月
28-141公益社団法人日本経済研究センター2016年度「日本経済研究センター研究奨励金」経済学およびそれに関連する学問分野(特に社会学)100万円上限10月
28-140公益財団法人双葉電子記念財団自然科学研究助成自然科学・技術全般200万円以下~1,000万円以下10月
28-138一般財団法人田中貴金属記念財団2016年度貴金属に関わる研究助成金貴金属が貢献する新しい技術や製品の実用化に向けた研究・開発テーマ30万円~500万円11月
28-137公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団(YMFS)YMFSスポーツチャレンジ研究助成世界に逞しい人材育成を目的に、スポーツ医・科学、スポーツ文化など、スポーツに関連する幅広い学問分野から、我が国のスポーツ普及・振興や競技水準向上につながる、学術的価値の高い学問・研究基本:上限120万円
奨励:上限60万円
11月
28-136公益財団法人電気通信普及財団平成28年度研究調査助成情報通信に関する法律、経済、社会、文化的な視点からの研究調査30万円~150万円11月
28-135公益財団法人二十一世紀文化学術財団平成28年度学術奨励金経済・政治・文化・社会及びそれらに関連する分野100~300万円
(総額1,500万円程度)
11月
28-134一般財団法人第一生命財団平成28年度研究助成わが国の住宅、都市、土地に関し、経済、社会、法律、歴史、制度、計画およびこれらの複合的視点から、住生活の改善工場をはかるための研究一般研究:150万円以内
奨励研究:80万円以内
11月
28-133公益財団法人野口研究所2016年度野口遵研究助成金課題1:ライフサイエンスの進展に資する物質やデバイスに関する研究
課題2:エネルギー・資源・環境の革新に寄与する新プロセスや新材料に関する研究
課題3:豊かな生活に寄与する新材料やデバイスに関する研究
原則220万円10月
28-131公益財団法人三菱UFJ技術育成財団研究開発助成(第2回)技術指向型の中小企業の新技術、新製品等の研究開発に対する助成次の少ない方の金額
・300万円以内
・研究開発対象費用の1/2以下
10月
28-130公益財団法人メルコ学術振興財団2016年度研究助成(二次募集)日本企業で実践されている優れた管理会計実務の定式化又は理論化に関する研究。特に管理会計技法、管理会計システム、事業継承システム、およびそれに関連する管理システムを対象とする研究
1.研究助成 
2.国際研究交流助成
3.出版助成
1.30~200万円程度(総額240万円以内)
2.総額490万円以内
3.150万円限度(総額150万円まで)
10月
28-129一般財団法人橋本循記念会平成28年度中国伝統文化に関する研究交流活動助成(後期)中国伝統文化(文学・言語・思想・歴史・芸術の5分野)に関する研究交流活動100万円以内10月
28-128公益財団法人前川報恩会平成28年度学術研究助成環境配慮型のエネルギー利用・開発又は食料生産・流通の改善に資する研究
①再生可能エネルギー関連技術 (太陽光、太陽熱、地熱、風力、バイオマス、水力等)
②環境保全技術、地球温暖化防止技術
③エネルギー変換・貯蔵・輸送技術 (廃熱回収、冷却システム、ヒートポンプ等)
④農業の工業化 (植物工場、省力化、鮮度保持、長期保存等)
1,800万円(一件あたりの目安:50万円~300万円)9月
28-126南山大学社会倫理研究所第10回社会倫理研究奨励賞社会倫理分野社会倫理研究奨励賞(1名):30万円
審査員賞(1名):3万円
12月
28-125一般財団法人国土技術研究センター平成28年度(第18回)国土技術研究センター研究開発助成住宅・社会資本整備に係わる先進的な研究・技術開発200万円以内10月
28-124公益財団法人油空圧機器技術振興財団研究助成金油圧・空圧・水圧およびこれらに関連した研究100万円10月
28-123一般財団法人ヤマハ音楽振興会ヤマハ音楽支援制度 研究活動支援音楽をテーマとした研究活動100万円まで10月
28-122国立研究開発法人情報通信研究機構NICT 海外研究者招へいICT分野渡航費、滞在費、出張旅費
滞在費は日額:9,300円~40,000円
10月
28-121国立研究開発法人情報通信研究機構NICT 国際研究集会開催支援ICT分野直接経費は500万円を上限10月
28-120公益財団法人内藤記念科学財団第33回(2016年度)内藤記念海外研究留学助成金人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究450万円10月
28-119公益財団法人内藤記念科学財団第1回(2016年度)内藤記念次世代育成支援研究助成金人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究年間200万円を継続する3年間(総額600万円)10月
28-118イノベーター・オブ・ザ・イヤー事務局第3回イノベーター・オブ・ザ・イヤー日本の健康・医療政策の推進及び健康寿命の延長に多大な貢献が期待される業績を挙げた個人記念杯
受賞者が帰属する組織に1000万円
9月
28-117一般財団法人向科学技術財団①研究助成金
②国際交流助成金
物質の分離技術の分野における素材、技法の基礎研究①150万円以下
②35万円以下
①9月、②10月
28-115公益財団法人立石科学技術振興財団①研究助成S
②研究助成A,B,C
③前期国際交流助成
エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動に助成①3000万円以下/件(3年間)
②(A)250万円以下/件(1年間)
(B)500万円以下/件(2年間)
(C)50万円/年・件(最大3年間)
③国際会議発表:400千円以下
短期在外研究:700千円以下
研究開発推進課締切
①9月
②10月
③12月
28-114大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館公募型共同研究国立歴史民俗博物館の収蔵資料に関連する研究課題年間上限225万円程度9月
28-112愛知県第11回わかしゃち奨励賞イノベーションで未来に挑戦~次世代成長産業の創造~
・次世代自動車分野
・航空宇宙分野
・ロボット分野
・健康長寿分野
・環境・新エネルギー分野
・ICT、IoT、「標準化」分野
最優秀賞:賞状・研究奨励金30万円
優秀賞:賞状・研究奨励金10万円
9月
28-110公益財団法人韓昌祐・哲文化財団2016年度助成日韓に関わる、文化・芸術・歴史・社会・スポーツ・国際交流上限200万円8月
28-109公益財団法人 NEC C&C財団国際会議論文発表者助成候補者(2016年度後期)C&C(Computer & Communications)分野、及びその関連技術12~25万円、開催地などによる8月
28-108公益財団法人日本ユニフォームセンター平成28年度ユニフォーム基礎研究助成ユニフォームに関する諸研究全般50~100万円11月
28-107公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団平成28年度助成研究
  1. 助成研究A=ゲームの分野の研究に対する助成
  2. 助成研究B=「人間と遊び」に関する研究に対する助成
  3. 国際交流(第1回)=遊び・ゲーム等に関する国際会議等の活動に対する助成
  1. 総額2,030万円(1件500万円)以内
  2. 総額840万円(1件500万円)以内
  3. 総額70万円以内
9月
28-106公益財団法人新技術開発財団第49回市村学術賞
  1. 産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野
  2. 独創的・画期的で世界的に見て高い水準にあるもの。
  3. 学術分野の進展に先導的な役割を果たし波及効果が大きく期待できるもの。
功績賞:500万円
貢献賞:300万円
特別賞:2,000万円
受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会の渡航費助成、国際会議開催経費一部助成
9月
28-105公益財団法人沖縄協会第38回沖縄研究奨励賞沖縄を対象とした将来性豊かな研究(自然科学、人文社会又は社会科学)を行っている50歳以下の新進研究者50万円9月
28-104広島大学第24回ペスタロッチー教育賞ペスタロッチー精神に通じた教育実践を行っている個人、団体表彰状及びペスタロッチー胸像複製と副賞20万円8月
28-103朝日新聞社「朝日賞」候補者推薦人文や自然科学など、わが国のさまざまな分野において傑出した業績をあげ、文化、社会の発展、向上に多大な貢献をされた個人、団体正賞ブロンズ像と副賞500万円研究開発推進課締切
8月
*件数制限有
28-102一般財団法人鷹野学術振興財団平成28年度研究助成電気電子工学、工学関連、画像処理関連、機械工学、物理学、情報工学、化学関連、医療機器関連、健康・福祉関連、環境・エネルギー関連、材料工学、農学(機能性食品等)300万円以内9月
28-101味の素食の文化センター食の文化研究助成食の文化研究100万円程度10月
28-100サントリー文化財団2016年度海外出版助成日本人による著作の外国語での出版の支援
原則として、社会科学・人文科学および芸術の分野における日本人の著作あるいは日本について書かれたもの
図書制作にかかる総費用の2分の1(ただし上限100万円)11月
28-99一般財団法人日本経営協会平成28年度経営科学研究奨励金①日本の経営におけるコーポレートガバナンスのあり方に関する研究
②新時代の経営における人材の育成・評価・登用に関する研究
③新しい働き方と経営・組織・人事に関する研究
50万円~100万円9月
28-98公益財団法人スガウェザリング技術振興財団①スガウェザリング財団賞
②研究助成
自然環境における工業材料の腐食、退色などの劣化現象(ウェザリングという)について、加速試験等による寿命評価、劣化機構の解明、表面処理等による耐劣化性の向上など(ウェザリング技術と呼ぶ)に顕著な業績を上げた功労者の表彰又は、研究、試験の助成①(1)科学技術賞:50万円
(2)科学技術奨励賞:20万円
(3)特別技術功労賞:20万円
②50万円または100万円
11月
*学部で件数等の制限有
28-97公益財団法人博報児童教育振興会第12回児童教育実践についての研究助成「ことばの教育」に関する研究や教育実践の質を向上させる研究300万円以内10月
28-96公益財団法人科学技術融合振興財団平成28年度助成金・補助金【研究助成】課題A.シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
課題B.①情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作
②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
【補助金】
課題C:シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究
課題A,B:30万円~150万円
課題C:15万円~30万円
※課題Cは課題A、Bとの併願は不可
10月
28-95公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団平成28年度コニカミノルタ画像科学奨励賞①光と画像に関する材料及びデバイスの研究
②光と画像に関するシステム及びソフトウェアの研究
③光と画像に関するその他の先端的な研究
奨励賞:100万円
進歩賞:50万円
9月
28-94住友生命保険相互会社未来を強くする子育てプロジェクト①子育て支援活動の表彰
より良い子育て環境づくりに取り組む団体や個人を表彰します。
②女性研究者への支援
子育てと研究の両立に努力されている女性研究者を支援します。
①表彰状 他
②100万円/年(2年間まで)
9月
28-92一般財団法人ホーユー科学財団研究助成化粧品・医薬部外品の発展・進歩に寄与し、将来的に化粧品・医薬部外品の人体への安全性向上に繋がる先駆的・独創的な研究を助成
  • 毛髪科学に関する研究
  • 皮膚科学に関する研究
  • 薬理学に関する研究
  • 染色化学に関する研究
総額1000万円以内(1件 100万円または50万円)9月
28-93公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団調査研究助成疾病の予防、診断、治療における医学、薬学、医工学及び関連諸科学の医療への応用に関する調査研究
課題1:より豊かな生活に貢献する医療技術に関する研究
課題2:生活習慣病における医学、薬学の萌芽的研究
課題1:500万円以下
課題2:300万円以下
7月
28-91公益財団法人旭硝子財団環境フィールド研究 近藤記念グラント絶滅危惧種の保護や外来種対策を含む生物多様性・生態系の保全・再生や持続的利用などに関する、基礎科学から応用科学までを含めた研究分野(対象地域:日本ならびに周辺のアジア地域)。200~400万円8月
No団体名事業名対象分野助成内容締切、その他
28-90公益財団法人旭硝子財団人文・社会科学系「研究奨励」持続可能な社会の実現に向けた人文・社会科学的な研究上限100万円8月
28-89公益財団法人旭硝子財団自然科学系「研究奨励」第1分野: 化学・生命科学
第2分野: 物理・情報
第3分野: 建築・都市工学
第1・第2分野:200万円
第3分野:実験研究200万円、調査研究150万円
8月
28-88公益財団法人上廣倫理財団研究助成
  1. 人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関する哲学、倫理学、教育学、心理学等、人文社会科学分野からの研究
  2. 現代の倫理的課題に関する実態研究及び調査
  3. 学校における倫理教育・道徳教育に関する研究
A= 60万円(上限)
B=100万円(上限)
9月
28-87公益財団法人加藤記念バイオサイエンス研究振興財団第28回(平成28年度)加藤記念研究助成
  • メディカルサイエンス分野
  • バイオテクノロジー分野
200万円9月
28-86公益財団法人中谷医工計測技術振興財団①技術開発研究助成
②特別研究助成
③中谷賞候補者
医工計測技術①総額 最大8,000万円
②最大3,000万(2年)
③賞金総額 1000万
9月
28-85公益財団法人日本教育公務員弘済会日教弘本部奨励金教育の振興に寄与すると認められる団体の特に有益な研究・活動等に対し助成を行う100万円以内9月
28-84パワーアカデミー2016年度パワーアカデミー研究助成電気工学分野【特別推進研究】1,000万円程度
【萌芽研究】100万円
8月
28-83公益財団法人未来教育研究所第6回(平成28年度)未来教育研究所研究助成(1)策提言型研究
ア「公立・私立の協調関係をさらに発展させる在り方」
イ「アクティブ・ラーニングの学校包括的な取組について」
(2).実践事例型研究
ア 学校の経営
イ 教科指導
ウ 生徒指導
エ 倫理・道徳
オ その他
奨励15万円、優良20万円、優秀30万円8月
28-82JA全中JA研究奨励【特別研究課題】
①現代社会における農業協同組合(JA)の存在意義と役割について
②「農業者の所得増大と地域の活性化」を図るJAの戦略的行動について
【一般研究課題】
①農業協同組合または協同組合に関するもの
②協同組合教育の振興に関するもの
③JA全国大会に関するもの
【特別研究】100万円以内
【一般研究】50万円以内
研究開発推進課締切
7月
28-81公益財団法人ホソカワ粉体工学振興財団平成28年度助成等事業粉体工学【KONA賞】賞状および副賞として100 万円
【研究助成】100万円以下、20 件程度
【研究者育成の援助】30 万円(年額)
【シンポジウム等の開催援助】50 万円~100万円
7月
28-80一般社団法人日本電気協会第60回澁澤賞(1) 発明・工夫、設計・施工
(2) 電気技術規格・基準の制改定
(3) 学術研究
(4) 人材育成
(5) 長年にわたる電気保安への功労
賞状、記念品(絵皿)研究開発推進課締切
7月
28-79一般財団法人レントオール奨学財団研究助成(1) 土木・建築分野
(2) 機械・電気分野
(3) 建設、施工に関わる環境分野
100万円以下6月
28-78大阪科学賞運営委員会事務局(大阪府、大阪市、一般財団法人大阪科学技術センター)第34回(平成28年度)大阪科学賞理学、工学、農学、生物学、医学、薬学、情報科学とそれらの学術的分野150万円7月
28-77キヤノンヨーロッパ財団欧州長期特別奨学金分野に関係なく、博士号または少なくとも修士号を取得しているヨーロッパと日本の有能な研究者を対象にした研究奨学金制度
(博士または修士の学位取得後10年間)
年間22,500~27,500ユーロ9月
28-76公益財団法人倶進会科学技術社会論・柿内賢信記念賞「科学・技術と社会の問題」に関する研究・実践的活動を行なう個人を幅広く対象・特別賞:70万円
・奨励賞、実践賞:各30~50万円
8月
28-75一般財団法人エヌエフ基金第5回 エヌエフ基金 研究開発奨励賞「先端計測」および「環境・エネルギー」
(2016年12月末時点で満35才以下)
表彰状・記念品・副賞10万円または50万円9月
28-74公益財団法人全国銀行学術研究振興財団2016年度学術研究助成(1)経済・金融及びこれらに関する法制に係る研究。
経済分野:経済理論、経済統計学、経済政策、経済史、財政学、金融論、その他
法律分野:民法、商法、経済法、その他金融・経済に関する法律
(2)上記研究成果の刊行に対する助成
(1)100万円以内(共同研究は1件150万円以内)
(2)150万以内、かつ刊行費用の半額以下
9月
28-73株式会社リバネスリバネス研究費
①吉野家賞
②プロト賞
①五感と感性や行動の関連性を追求する研究
②自動車が関係するニーズ・意識等の各種調査・研究及び、将来必要となる自動車関連技術の研究・開発
50万円7月
28-72一般財団法人全国労働者福祉・共済振興協会(全労済協会)公募委託調査研究勤労者の福祉・生活に関連するテーマ委託調査研究費総額600万円、4~6件採用の予定8月
28-71金沢大学環日本海域環境研究センター金沢大学環日本海域環境研究センター共同研究 研究集会a) 自然環境の変化とその要因に関する研究
b) 環境変化が健康に及ぼす影響に関する研究
c) 生態系と人間社会の共生に関する研究
d) 地域環境の将来予測に関する研究
e) 持続可能な社会創成技術に関する研究
  • 重点共同研究:300万円以内
  • 一般共同研究:10~30万円
  • 若手共同研究:10~30万円
6月
28-70公益信託小貫英教育学研究助成記念基金平成28年度「小貫英教育賞」教育学・心理学を研究対象とする40歳以下の研究者研究助成金:40万円10月
28-69公益財団法人電気通信普及財団
  1. テレコム社会科学賞
  2. テレコム社会科学学生論文
情報通信についての社会科学的観点からの研究
2.は学部もしくは修士課程に在学中の方、または、 平成28年3月以降に卒業(修了)した方。
  1. 賞金50万円(奨励金30万円を選定する場合有)
  2. 入賞:賞金20万円
佳作:賞金10万円
9月
28-67公益財団法人井上科学振興財団第33回(2016年度)井上研究奨励賞自然科学の分野(理学、工学、医学、薬学、農学等)50万円研究開発推進課締切
8月
※件数等の制限有(全学で1件)
28-66米国社会科学研究評議会安倍フェローシップ・プログラム個人研究プロジェクト
  1. 個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
  2. 成長と持続的な発展
  3. 社会・科学・文化のトレンドと変容
  4. ガバナンス、エンパワーメントと市民参加
※課題により異なる9月
28-65公益財団法人中島記念国際交流財団若手研究者研究助成金(1)情報科学
(2)生命科学
500万円以内8月
28-64公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団第28回(平成28年度)加藤記念国際交流助成海外で開催されるバイオサイエンス分野の学会・シンポジウム等10万円~30万円下期:8月
28-63公益財団法人明治安田厚生事業団第33回若手研究者のための健康科学研究助成a. 指定課題:運動とメンタルヘルス
b. 一般課題:健康増進に寄与する学術研究
a. 100万円
b. 50万円
8月
28-62公益財団法人生協総合研究所2016年度(第14回)生協総研賞「研究助成事業」
  • 生活協同組合の今日的な課題および事業・組合員活動における実践的な研究
  • くらしの実態に関する経済的、社会的、歴史的視点等からの研究
  • 消費社会及び消費者組織、社会運動に関する研究
  • 地域社会、社会政策、福祉政策・事業、地球環境等に関する研究
  • 東日本大震災後に直面している実践的な課題に関する研究
個人研究:30万円以内
共同研究:50万円以内
7月
28-60公益財団法人光科学技術研究振興財団光科学技術に関する研究助成・表彰研究に対する助成
【第1課題】 光科学の未知領域の研究-とくに光の本質について
【第2課題】 細胞間あるいは分子間の情報伝達についての研究
研究に対する表彰
光科学に関する基礎的な研究又は光科学技術の向上に役立つ研究(35歳以下の研究者を対象とします。)
助成金総額
約5,000万円(実績として20~30件の入選)
表彰金総額
100万円(原則として2名)
7月
28-59一般財団法人日本鉄鋼協会第26回鉄鋼研究振興助成鉄鋼および鉄鋼に関連する学術・技術研究総額100万円以上最大300万円を限度7月
28-57キヤノン財団研究助成プログラム「理想の追求」食に関する研究上限3,000万円7月
28-58一般財団法人東京顕微鏡院遠山椿吉記念 食と環境の科学賞食品の安全、食品衛生、食品の機能、食品媒介の感染症・疾患、生活環境衛生に先見的に着手したもの100万円6月
28-56キヤノン財団研究助成プログラム「産業基盤の創生」ICT・エレクトロニクス・ロボティクス、健康・医療・生命科学、バイオテクノロジー、環境・資源・エネルギー、材料・デバイス・プロセス、サービスサイエンス上限1,500万円6月
28-55公益財団法人八洲環境技術振興財団1.研究開発・調査助成
2.国際会議・研究発表会等の参加およびシンポジウム等の開催助成
1.(1)再生可能エネルギー源等に関連する技術開発
(2)クリーン燃料
(3)エネルギーの転換、輸送、貯蔵、利用の高効率化、合理化およびそれらのシステム
(4)エネルギー材料、デバイス
(5)環境保全、地球温暖化防止、エネルギー利用上の技術
(6)環境技術マネジメントの基礎研究
2.環境負荷低減、環境保全等の環境に関する技術の普及・啓発を目的としたシンポジウム・講演会等の参加、開催を支援する
①原則100万円/件
②1件あたり 最大20万円
1.10月
2.【後期】6月
【前期】12月
28-54一般財団法人橋本循記念会平成28年度中国伝統文化に関する研究交流活動助成中国伝統文化(文学・言語・思想・歴史・芸術の5分野)に関する研究交流活動に対する助成100万円以内【前期】3月~4月
【後期】9月~10月
28-52公益財団法人天田財団平成28年度研究開発助成・国際交流促進助金属等の塑性を利用した加工及び高密度エネルギー下での諸特性を利用した加工に必要な技術の調査・研究に対する助成並びにその国際交流促進のための助成【研究開発助成】
塑性加工:2,000万円~100万円
レーザプロセッシング:2,000万円~100万円
【国際交流促進助成】
塑性加工・レーザプロセッシング:合計1,790万円
【前期】5月~7月
【後期】10月~12月
28-51公益財団法人りそなアジア・オセアニア財団環境プロジェクト助成・アジア・オセアニア諸国や地域における豊かな緑ときれいな水を守る事業
・当該地域ですでに萌芽的な活動が行われ、応募者がすでに何らかの形で活動に関与している事業
50万円~100万円8月
28-50公益財団法人りそなアジア・オセアニア財団助成事業アジア・オセアニア諸国・地域に関する政治、経済、文化、歴史等の調査、研究、国際会議等の国際交流事業や出版等
◆調査研究助成
・我が国及び海外の若手研究者による個人研究
・共同研究プロジェクト
◆国際交流活動助成
・国際会議、シンポジウム等開催助成
・研究者交流助成(人材招聘、派遣等助成)
◆啓発・広報活動助成
・出版助成
個人研究助成:50~150万程度
共同研究助成:100~200万程度
7月
28-49公益財団法人日本ビフィズス菌センター日本ビフィズス菌センター研究奨励賞腸内細菌に関する広い分野(腸内細菌学、腸管免疫学、感染防御学、プロバイオティクス、プレバイオティクス等)賞状と副賞(10万円)9月
28-46公益財団法人藤原科学財団藤原セミナー自然科学の全分野1,200万円7月
28-47一般社団法人信託協会平成28年度信託研究奨励金広く信託に関する法律学的研究、経済学的研究総額1,000万円以上9月
28-45公益財団法人ロッテ財団奨励研究助成自然科学から人文・社会科学にわたる「食と健康」の分野最大300万円6月
28-44公益財団法人立石科学技術振興財団国際会議開催助成エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための国際会議の開催を対象100万円以下6月
28-43公益財団法人光科学技術研究振興財団光科学技術に関する研究助成・研究表彰
  • 研究に対する助成
【第1課題】 光科学の未知領域の研究-とくに光の本質について
【第2課題】 細胞間あるいは分子間の情報伝達についての研究
  • 研究に対する表彰
光科学に関する基礎的な研究又は光科学技術の向上に役立つ研究
助成金総額
約5,000万円(実績として20~30件の入選)
表彰金総額
100万円(原則として2名)
7月
28-42公益財団法人コスメトロジー研究振興財団2016年度「コスメトロジー研究」助成研究化粧品学及びそれに関連する基礎的分野の課題
  1. 素材、物性に関する分野
  2. 生体作用、安全性に関する分野
  3. 精神、文化に関する分野
100万円、又は50万円7月
28-41日本財団国際ネットワークチーム日本財団 国際フェローシップ人文・社会科学および情報学、環境学などの学際研究分野。自然科学分野でも政策研究、途上国援助などの実践的な研究は対象。
自然科学・医学などの分野の基礎的研究は対象外。(25歳~40歳)
フェローには、学費・研究費(上限あり)、本人および帯同する扶養家族の1回分往復渡航費・保険料・住居費(以上、実費)、図書費(定額)などが支給されます。
生活費は、帯同扶養家族の有無を基準にした規定額が支給されます。
7月
28-40DNP文化振興財団グラフィック文化に関する学術研究助成グラフィックデザイン、グラフィックアートに関する研究テーマ上限50万円7月
28-39公益財団法人医療科学研究所研究助成①医療及び医薬品に関する経済学的調査・研究
②医薬品等研究開発・生産・流通等に関する調査・研究
③医療とその関連諸領域の学際的調査・研究
50万円以内6月
28-38非営利・協同総合研究所いのちとくらし研究助成①21世紀の日本の医療、福祉の施策や制度の現状分析と新世紀への提言
②新自由主義と市場経済論の打破への理論構築
③協同の「まちづくり」と非営利・協同セクターの拡大の実践・理論研究
④非営利・協同の実践・理論探求
個人研究:50万円以内
グループ研究:100万円以内
6月
28-37公益財団法人サントリー生命科学財団SUNBOR GRANT有機化学を基盤とする生命科学分野のうち、次世代の基盤となりうる研究分野2000万円上限/年、3年間支給6月
28-36(株)積水インテグレーテッドリサーチ研究助成「積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成プログラム」自然に学んだ基礎サイエンスの知見を活かし、「自然」の機能を「ものづくり」に活用する研究①ものづくりテーマ:個人研究1件につき最大300万円
②基盤研究テーマ:150万円もしくは100万円
6月
28-35公益財団法人JFE21世紀財団技術研究助成鉄鋼材料、鉄鋼創造プロセス及び副産物の有効利用を対象とする基礎、応用技術の研究。鉄鋼に関係する計測・制御・分析等の関連技術の研究を含む。
地球環境保全と地球温暖化防止を目的とした技術開発を対象とするエンジニアリング(工学)に関係する基礎、応用技術。
200万円6月
28-34公益財団法人JFE21世紀財団アジア歴史研究助成21世紀アジアと共存・共栄するための、日本の産業と文化のVision構築に資するアジア歴史研究150万円6月
28-33公益財団法人泉科学技術振興財団研究助成高度機能性材料及びこれに関連する科学技術の基礎研究分野100万円以下6月
28-32公益財団法人日本生命財団ニッセイ財団高齢社会助成(若手実践的課題研究助成)「実践的研究助成対象分野・テーマ」に対する課題を明確にした実践的研究(39歳以下)
【分野番号】
  1. 「いつまでも地域で高齢者が安心した生活が送れるまちづくり(地域包括ケアシステム)の推進
  2. 「高齢者の生きがい・自己実現・就業支援」
  3. 「認知症の人が地域で安心した生活ができるまちづくり」
最大100万/1年間6月
28-31公益財団法人日本生命財団ニッセイ財団高齢社会助成(実践的課題研究助成)「実践的研究助成対象分野・テーマ」に対する課題を明確にした実践的研究
【分野番号】
  1. 「いつまでも地域で高齢者が安心した生活が送れるまちづくり(地域包括ケアシステム)の推進
  2. 「高齢者の生きがい・自己実現・就業支援」
  3. 「認知症の人が地域で安心した生活ができるまちづくり」
1件最大400万円/2年間
(1年最大200万円)
6月
28-30公益財団法人大川情報通信基金研究助成情報・通信分野に係る調査・研究100万円6月
28-29公益財団法人立石科学技術振興財団後期国際交流助成エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動に助成後期国際交流助成 
・国際会議発表 40万円以下
・短期在外研究 70万円以下
6月
28-28公益財団法人石井記念証券研究振興財団研究助成証券市場に関する研究調査
①研究者助成(55歳未満)
②大学院生(博士後期課程)助成
①70万円以内(但し、特に必要と認められる場合は130万円の範囲内で助成を行う)
②30万円以内
研究開発推進課締切
6月
*件数制限有(大学毎に各1名以内)
28-27公益財団法人日本証券奨学財団平成28年度研究出版助成証券金融経済分野(証券、金融、財務・会計、企業・経営、法律、経済、社会)にかかる研究調査の成果公表等に係る出版費用の助成。50万~100万円程度9月
28-26公益財団法人日本証券奨学財団研究調査助成証券金融経済分野(証券、金融、財務・会計、企業・経営、法律、経済、社会)100万円程度6月
28-25一般社団法人日本内部監査協会研究助成内部監査あるいは内部統制に関する研究を行っている常勤の准教授、助教等50万円以内6月
28-24公益財団法人野村マネジメント・スクール学術研究支援(研究助成)経営者教育や経営学、企業財務(ファイナンス)、ITマネジメント等に関する調査・研究プロジェクトに助成上限100万円(総額1,000万円程度)6月
28-23公益財団法人大川情報通信基金大川賞・大川出版賞情報・通信分野大川賞:1,000万円
大川出版賞:100万円
6月
28-21公益財団法人発達科学研究教育センター発達科学研究教育奨励賞「幼少期の子どもの可能性を引き出し、心身の調和のとれた発達をはかること」を主たる研究テーマとするもの(40歳以下で、准教授職以下の方)上限50万円6月
28-20グラクソ・スミスクライン株式会社GSKジャパン研究助成医学・生命科学および関連する科学の領域200万円以内5月
28-18公益財団法人内藤記念科学財団第48回(2016年度)内藤記念海外学者招聘助成金人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究を行う外国の研究者を招聘する際の費用を助成
前期:2017/1/1~2017/6/30
後期:2017/7/1~2017/12/31
20万円~80万円前期:6月
後期:10月
28-17公益財団法人内藤記念科学財団内藤記念女性研究者研究助成金人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究を行う女性研究者に対して、出産・育児によって研究が中断した際の研究現場への復帰と研究実績を挙げることを支援する200万円/年の3年間6月
*件数制限有(学部毎に1名以内)
28-16公益財団法人内藤記念科学財団内藤記念科学奨励金・若手ステップアップ研究助成人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究に独創的・意欲的に取り組んでいる若手研究者3年間で総額1,000万円以内6月
28-15公益財団法人内藤記念科学財団内藤記念科学奨励金・研究助成人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究に独創的・意欲的に取り組んでいる研究者300万円6月
*件数制限有(学部毎に1名以内)
28-14公益財団法人伊藤科学振興会研究助成金生物学100万円以内研究開発推進課締切
5月
*件数制限有(学部毎に2名以内)
28-13公益財団法人電気通信普及財団長期海外研究援助募集情報通信に関連する分野において優れた研究実績を有し、将来その分野での研究において指導的な役割を果たし国際的にも活躍が期待できる研究者(1)原則として1日80USドルを限度
(2)往復渡航費(エコノミークラス)
5月
28-12公益財団法人NEC C&C財団C&C賞候補者推薦C&C技術分野、即ち情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術、およびこれらの融合する技術分野の開拓または研究、あるいはこの分野の進歩がもたらす社会科学的研究活動に関し顕著な貢献のあった方を顕彰し、C&C賞を贈呈します。賞状、賞牌、賞金(1千万円)5月
28-11一般社団法人近畿建設協会研究助成
  1. 今後の河川・道路等社会資本整備のあり方に関する研究
  2. 社会資本整備に係わる技術の向上に関する研究
  3. 社会資本整備に係わる環境の保全と創造に関する研究
  4. 自然災害の防災・減災に関する研究
100万円以内5月
28-10公益財団法人SGH財団SGHがん研究助成がんの基礎及び臨床における優れた研究100万円6月
28-9公益財団法人住友財団基礎科学研究助成理学(数学、物理学、化学、生物学)の各分野及びこれらの複数の分野にまたがる基礎研究最大500万円6月
28-8公益財団法人住友財団環境研究助成【一般研究】環境に関する研究(分野は問わない。)
【課題研究】喫緊の環境問題解決のための学際研究または国際共同研究
【一般研究】最大500万円
【課題研究】最大1,000万円
6月
28-7公益財団法人鉄鋼環境基金環境助成研究鉄鋼製造に関連する環境保全技術課題一般研究助成:年間150万円以下
若手研究助成:年間100万円以下
5月
28-6公益財団法人メルコ学術振興財団研究助成日本企業で実践されている優れた管理会計実務の定式化、又は理論化を目指す研究
  1. 研究助成 
  2. 国際研究交流助成
  3. 出版助成
  1. 30~200万円程度(総額1,300万円以内)
  2. 10~50万円(額500万円以内)
  3. 150万円限度(総額150万円以内)
5月
28-5公益財団法人セコム科学技術振興財団一般研究助成国民生活の安全確保、災害防止等国民生活に密着した研究について助成準備期間:500万円、
本格研究機関:1500万円、
総額5000万円以内
5月
28-4公益財団法人大澤科学技術振興財団研究助成費
  1. 研究開発の助成:金属及びその他新材料に関する切削・研削等の機械加工の分野及びこれらの基礎となる理工学の諸分野
  2. 国際交流の助成:同分野の国際学会での講演又は発表を主として助成。
  1. 150万~250万円程度
  2. 15万~20万円程度
5月
28-3一般財団法人材料科学技術振興財団山崎貞一賞
  1. 材料
  2. 半導体及び半導体装置
  3. 計測評価
  4. バイオサイエンス・バイオテクノロジー
300万円5月
28-2公益財団法人カシオ科学振興財団研究助成自然科学および人文科学のうち、財団が指定する各テーマ特別テーマ:500万円
基本テーマ:100万円
研究開発推進課締切
5月
28-1公益財団法人村田学術振興財団研究助成自然科学、人文・社会科学
  1. 研究助成
  2. 研究会助成
  3. 海外派遣援助
特別テーマ:500万円
基本テーマ:100万円
4月