こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 研究開発推進機構ホーム
  2.  > 各種補助金事業・受託事業への取組み
  3.  > ハイテク・リサーチ・センター整備事業

ハイテク・リサーチ・センター整備事業

同志社大学で2拠点目のハイテク・リサーチ・センター整備事業が選定

文部科学省の私立大学学術研究高度化推進事業「ハイテク・リサーチ・センター整備事業」は、私立大学の大学院研究科、研究所の中から、最先端の研究開発プロジェクト(萌芽的な研究を含む)を実施する研究組織を「ハイテク・リサーチ・センター」に選定し、最先端の研究開発プロジェクトの実施に必要な施設、研究装置、研究設備、研究費・研究スタッフに対する総合的かつ重点的な支援を行うことにより、私立大学における先端的な学術研究基盤を強化し、科学技術の発展に資するものです。

界面微細構造制御により発現する物性の評価研究(平成22年度研究期間終了)

先進複合材料の開発とその応用(平成23年度研究期間終了)

ハイテク・リサーチ・センター整備事業 詳細

事業目的

先端的研究プロジェクトを推進することを事業目的としています。

対象組織

当該大学院研究科、研究所のみにより構成された研究組織(萌芽的な研究組織も可)で、先端的な研究開発プロジェクトを行うものが対象となります。

対象分野

ライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料など、科学技術基本計画(2001年3月30日閣議決定)において、特に重点を置くべきとされている社会的要請の強い分野を中心とした理工・情報系及び生物・医歯系の分野(萌芽的研究も含む)が対象となります。

選定方法

外部の学識経験者からなる「私立大学研究高度化推進委員会」において選定されます。

研究期間

研究期間は、原則として5年間。3年目において中間評価を、5年目において事後評価が行われます。

支援措置

研究施設費、研究装置・設備費については、原則として初年度に補助(施設、装置:補助率1/2以内、設備:補助率2/3以内)されます。研究費、研究スタッフ経費については、原則として私立大学教育研究高度化推進特別補助において5年間補助されます。
なお、私立大学教育研究高度化推進特別補助は、世界水準の私立大学づくりを目指す観点から、(1)優れた教育研究を実践する卓越した大学院への支援、(2)先端的・先導的学術研究の推進、(3)学部における教育の質の向上や教育システムの改善、(4)教育研究の高度情報化推進を通じて、意欲と可能性に富んだ私立大学への重点的支援を行い、私立大学における教育及び学術研究の飛躍的向上を図るため、2002年度より新たに創設されました。