1. 研究・産官学連携ホーム
  2. 講演会・セミナー・イベント一覧
  3. 【教職員対象】知的財産に関する教職員向けセミナー

【教職員対象】知的財産に関する教職員向けセミナー

'19年7月4日 更新
研究の中で生まれた発明を特許として権利化し、それが産業利用されれば、研究成果の社会への還元とともに発明に対する対価を得ることができます。
しかし、大学教員が発明者である特許は、権利化まではできても社会還元や発明対価までにはなかなかつながらないのが実情です。
どのようにすれば産業利用につながるのか?
また、社会の中で特許が活かされるためには何が必要か?
本セミナーでは、外国企業への特許の実施許諾を自ら交渉して締結し、特許技術の実用化と実施許諾に対する対価につながった事例をもとに、大学教員が特許を活かすうえで知っておきたいポイントを説明します。
研究の中で生まれた発明を特許として権利化し、それが産業利用されれば、研究成果の社会への還元とともに発明に対する対価を得ることができます。
しかし、大学教員が発明者である特許は、権利化まではできても社会還元や発明対価までにはなかなかつながらないのが実情です。
どのようにすれば産業利用につながるのか?
また、社会の中で特許が活かされるためには何が必要か?
本セミナーでは、外国企業への特許の実施許諾を自ら交渉して締結し、特許技術の実用化と実施許諾に対する対価につながった事例をもとに、大学教員が特許を活かすうえで知っておきたいポイントを説明します。
開催日
2019年08月02日(金)
15:00~16:00
開催場所
京田辺校地(京田辺キャンパス)
情報メディア館 JM401番教室
講師
「大学教員の特許の活かし方 ~研究の計画から発明対価を受け取るまで~」
知的財産センター所長 盛満正嗣
費用
  • 無料
参加申込
  • 要申込
申込みはこちらまで→jt-chiza@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ先
知的財産センター(研究開発推進課-京田辺)
TEL:0774-65-6900
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-chiza@mail.doshisha.ac.jp
備考
【主催】同志社大学知的財産センター