1. 研究・産官学連携ホーム
  2. 講演会・セミナー・イベント一覧
  3. コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2019(CEDEC 2019)に出展します

コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2019(CEDEC 2019)に出展します

'19年8月23日 更新
本学より、CEDEC 2019 にて下記の内容でインタラクティブセッションを行います。
ロゴ
本学より、CEDEC 2019 にて下記の内容でインタラクティブセッションを行います。

さながら現実!自由に視聴点を変えられるVR用立体音響技術
 土屋 隆生(理工学部情報システムデザイン学科 教授)

自由視聴点VRは、自由に視点および聴取点を変更できるVR技術である。視点の変更だけならヘッドマウントディスプレイを用いることで簡単に実現できるが、任意の音環境での聴取点の自由な変更は未だ実用化されていない。これは、聴覚のVR技術ではバイノーラル録音をコンピュータシミュレーションで行い、ヘッドホンで提示することになるが、部屋の壁からの反射を考慮するために物理的に妥当な計算を様々な音響シーンで実施しようとすると膨大な計算時間が必要となるからである。本技術では、ハードとソフトの両面で計算をできるだけ効率化して、様々な音響シーンを再現できるように目指している。

さながら現実!自由に視聴点を変えられるVR用立体音響技術
 土屋 隆生(理工学部情報システムデザイン学科 教授)

自由視聴点VRは、自由に視点および聴取点を変更できるVR技術である。視点の変更だけならヘッドマウントディスプレイを用いることで簡単に実現できるが、任意の音環境での聴取点の自由な変更は未だ実用化されていない。これは、聴覚のVR技術ではバイノーラル録音をコンピュータシミュレーションで行い、ヘッドホンで提示することになるが、部屋の壁からの反射を考慮するために物理的に妥当な計算を様々な音響シーンで実施しようとすると膨大な計算時間が必要となるからである。本技術では、ハードとソフトの両面で計算をできるだけ効率化して、様々な音響シーンを再現できるように目指している。
開催日
2019年09月04日(水)~09月06日(金)
09:45~18:50
開催場所
学外
パシフィコ横浜 会議センター(横浜市西区みなとみらい)
交通アクセス(外部サイト)
費用
  • 有料
※受講パスの購入が必要
申込み・詳細はこちら(外部サイト)
対象者
CEDECは、コンピュータエンターテインメントの開発・研究、および関連する業務に関わるすべての方が参加できるイベントです。
職種・年齢・社会人・学生・法人・個人を問いません。
参加申込
  • 要申込
上記「費用」欄参照
お問い合わせ先
リエゾンオフィス(研究開発推進課-京田辺)
TEL:0774-65-6223
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
備考
【主催】一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)