1. 研究・産官学連携ホーム
  2. 講演会・セミナー・イベント一覧
  3. ファーマラボEXPO アカデミック フォーラムに出展します -12月8・9・10日開催-

ファーマラボEXPO アカデミック フォーラムに出展します -12月8・9・10日開催-

'21年9月7日 更新

本学より、アカデミックフォーラム(外部サイト)に、下記の研究成果のブース出展および口頭発表を行います。


ナノ/マイクロファイバーを応用した機能性スキャホールドと組織モデル
 森田 有亮 (生命医科学部 医工学科 教授)

生体内でHAに覆われることで骨環境を模倣するリン酸水素カルシウム(DCPA)粒子添加多孔質PLLAマイクロファイバー足場,ファイバーを通した栄養供給により培養軟骨細胞活性を維持する多孔質中空PLLAマイクロファイバー足場を開発した.また,UV吸収特性の再現と細胞損傷の評価を可能とするハイブリッド皮膚モデルや,薬剤検証に応用可能なアルギン酸/セルファイバーによる軟骨・骨格筋組織モデルを紹介する.

  • 展示ブース番号:未定
  • 口頭発表日時:12月 9日(木) 16:00~16:30
  • 口頭発表会場:ACA-2


火災などで発生する有毒ガス成分を排出する人工ヘモグロビン薬剤
 北岸 宏亮 (理工学部 機能分子・生命化学科 教授)

火災ガス中毒により多くの命が犠牲となっている。火災ガスの中でも特に毒性の高いガスは一酸化炭素(CO)とシアン化水素(HCN)である。これら2種のガスを同時に吸入すると,低濃度であっても極めて高い毒性を示す。本研究ではシクロデキストリン二量体と水溶性ポルフィリン鉄錯体から成る人工ヘムタンパク質モデル錯体を用いて,体内に投与することでCOとHCNを同時に除去できる薬剤を考案した。

  • 展示ブース番号:未定
  • 口頭発表日時:12月 9日(木) 11:30 ~ 12:00
  • 口頭発表会場:ACA-2


超音波とMRの同時撮像マルチモダリティ・イメージング
 秋山 いわき (生命医科学研究科 教授)

MRIの高磁場環境下で使用可能な超音波プローブを試作し、超音波とMRの同時撮像によるマルチモダリティ・イメージングを行うシステムを開発した。本研究では非磁性材料で作成された超音波プローブに MR位置マーカーを取り付けて、超音波断層画像と同一断面のMR画像を推定することにより両者の融合画像を形成することができる。

  • 展示ブース番号:未定
  • 口頭発表日時:12月10日(金) 13:45~14:15
  • 口頭発表会場:ACA-1


ファーマラボEXPO(外部サイト)は、
創薬・製剤研究を支援するための研究機器・理化学機器・試薬・分析機器・オートメーション・ラボ設備・ナノテク・受託サービスなどが一堂に出展する日本最大の専門技術展です。医薬品・診断薬メーカーの研究者が多数来場し、商談や技術相談が活発に行われます。
ロゴ

本学より、アカデミックフォーラム(外部サイト)に、下記の研究成果のブース出展および口頭発表を行います。


ナノ/マイクロファイバーを応用した機能性スキャホールドと組織モデル
 森田 有亮 (生命医科学部 医工学科 教授)

生体内でHAに覆われることで骨環境を模倣するリン酸水素カルシウム(DCPA)粒子添加多孔質PLLAマイクロファイバー足場,ファイバーを通した栄養供給により培養軟骨細胞活性を維持する多孔質中空PLLAマイクロファイバー足場を開発した.また,UV吸収特性の再現と細胞損傷の評価を可能とするハイブリッド皮膚モデルや,薬剤検証に応用可能なアルギン酸/セルファイバーによる軟骨・骨格筋組織モデルを紹介する.

  • 展示ブース番号:未定
  • 口頭発表日時:12月 9日(木) 16:00~16:30
  • 口頭発表会場:ACA-2


火災などで発生する有毒ガス成分を排出する人工ヘモグロビン薬剤
 北岸 宏亮 (理工学部 機能分子・生命化学科 教授)

火災ガス中毒により多くの命が犠牲となっている。火災ガスの中でも特に毒性の高いガスは一酸化炭素(CO)とシアン化水素(HCN)である。これら2種のガスを同時に吸入すると,低濃度であっても極めて高い毒性を示す。本研究ではシクロデキストリン二量体と水溶性ポルフィリン鉄錯体から成る人工ヘムタンパク質モデル錯体を用いて,体内に投与することでCOとHCNを同時に除去できる薬剤を考案した。

  • 展示ブース番号:未定
  • 口頭発表日時:12月 9日(木) 11:30 ~ 12:00
  • 口頭発表会場:ACA-2


超音波とMRの同時撮像マルチモダリティ・イメージング
 秋山 いわき (生命医科学研究科 教授)

MRIの高磁場環境下で使用可能な超音波プローブを試作し、超音波とMRの同時撮像によるマルチモダリティ・イメージングを行うシステムを開発した。本研究では非磁性材料で作成された超音波プローブに MR位置マーカーを取り付けて、超音波断層画像と同一断面のMR画像を推定することにより両者の融合画像を形成することができる。

  • 展示ブース番号:未定
  • 口頭発表日時:12月10日(金) 13:45~14:15
  • 口頭発表会場:ACA-1


ファーマラボEXPO(外部サイト)は、
創薬・製剤研究を支援するための研究機器・理化学機器・試薬・分析機器・オートメーション・ラボ設備・ナノテク・受託サービスなどが一堂に出展する日本最大の専門技術展です。医薬品・診断薬メーカーの研究者が多数来場し、商談や技術相談が活発に行われます。
開催日
2021年12月08日(水)~12月10日(金)
10:00~17:00
開催場所
学外
幕張メッセ (千葉県)
交通アクセス(外部サイト)
費用
  • 無料
事前に招待券(無料)をお申込みください。
申込フォーム(外部サイト)
(招待券をお持ちでない場合、入場料5,000円/人)

※ 来場いただく際、会場での検温・マスク着用が必須となりますので、ご注意ください。
参加申込
  • 申込不要
お問い合わせ先
リエゾンオフィス(研究開発推進課-京田辺)
TEL:0774-65-6223
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
備考
【主催】RX Japan株式会社