1. 研究・産官学連携ホーム
  2. 2020年度のニュース一覧
  3. 【研究成果】新型コロナウイルス感染症拡大下における共稼ぎ家族の働き方、家事分担、ストレスの変化

【研究成果】新型コロナウイルス感染症拡大下における共稼ぎ家族の働き方、家事分担、ストレスの変化

'20年10月19日 更新
同志社大学 政策学部 川口 章 教授は、「COVID-19 Research Project」の研究課題「小学校・保育園の臨時休業が働く親に及ぼした経済的・心理的影響」の中間報告として、「新型コロナウイルス感染症拡大下における共稼ぎ家族の働き方、家事分担、ストレスの変化」を発表しました。

詳細につきましては、以下のリンクをご覧ください。
COVID-19 Research Topics 《研究成果》:新型コロナウイルス感染症拡大下における共稼ぎ家族の働き方、家事分担、ストレスの変化
新型コロナ研究課題9分野イメージ図
同志社大学 政策学部 川口 章 教授は、「COVID-19 Research Project」の研究課題「小学校・保育園の臨時休業が働く親に及ぼした経済的・心理的影響」の中間報告として、「新型コロナウイルス感染症拡大下における共稼ぎ家族の働き方、家事分担、ストレスの変化」を発表しました。

詳細につきましては、以下のリンクをご覧ください。
COVID-19 Research Topics 《研究成果》:新型コロナウイルス感染症拡大下における共稼ぎ家族の働き方、家事分担、ストレスの変化
関連情報
お問い合わせ先
研究企画課
E-mail:ji-knkak@mail.doshisha.ac.jp