1. 研究・産官学連携ホーム
  2. 2021年度のニュース一覧
  3. Well-being研究センター「同志社コーチング・ラボ」について

Well-being研究センター「同志社コーチング・ラボ」について

'21年12月6日 更新
同志社大学Well-being研究センターは学生主体の「同志社コーチング・ラボ」を立ち上げます。
これから社会人になる方・より大学生活を充実させたい方は、奮って参加してください。
(すでに、学部や学年に関係なく様々な学生が集まっています。)
日本のトップ・コーチがアドバイザーに入ります。

コーチングとは目標達成に向けて、自分や相手の可能性を引き出すための、問いのたて方、コミュニケーションです。リーダーとしての必須の能力として考えられており、大企業では必ず、取り入れられています。

「問い」の力の一例としては、大谷翔平選手が挙げられます。
彼は高校時代の監督に教えられ、「大谷マンダラ」を作成しました。
目標(理想の自分像)に向かって邁進する上で、具体的に必要な要素がなになのかを自分に問い、実践するという形が、大谷マンダラには書かれています。
「問いのたて方」が大谷選手の可能性を引き出したのだ、といえます。


自分の可能性のために、一生使える『問いのたて方』を学びませんか。
よい「問い」をたて、あなたの可能性を拓き、一緒にラボを盛り上げていきましょう。


アドバイザー森田克司氏
15年以上コーチング業界で活躍し、自ら1 on 1で行う経営者向けのエクゼクティブコーチングや、組織全体対象に企業価値を高める組織開発型コーチングなど多種多様なコーチング経験を行う。
活動目的大学在学中、また卒業後もコーチングをお互いに研鑽する場。
将来的にも同志社大学生として長く繋がることのできる場づくり。
活動内容学生が主体となり、学生同士で、お互いのためにコーチングの練習をしながら、社会に向けての発信をしていきます。社会人、エグゼクティブとの交流も行っていきます。
対象同志社大学の学部生・大学院生ならびに卒業生
メンバー学部・学年関係なく78名が参加中。(12月3日時点)
参加申込https://lin.ee/frvqDxw
同志社大学Well-being研究センターは学生主体の「同志社コーチング・ラボ」を立ち上げます。
これから社会人になる方・より大学生活を充実させたい方は、奮って参加してください。
(すでに、学部や学年に関係なく様々な学生が集まっています。)
日本のトップ・コーチがアドバイザーに入ります。

コーチングとは目標達成に向けて、自分や相手の可能性を引き出すための、問いのたて方、コミュニケーションです。リーダーとしての必須の能力として考えられており、大企業では必ず、取り入れられています。

「問い」の力の一例としては、大谷翔平選手が挙げられます。
彼は高校時代の監督に教えられ、「大谷マンダラ」を作成しました。
目標(理想の自分像)に向かって邁進する上で、具体的に必要な要素がなになのかを自分に問い、実践するという形が、大谷マンダラには書かれています。
「問いのたて方」が大谷選手の可能性を引き出したのだ、といえます。


自分の可能性のために、一生使える『問いのたて方』を学びませんか。
よい「問い」をたて、あなたの可能性を拓き、一緒にラボを盛り上げていきましょう。


アドバイザー森田克司氏
15年以上コーチング業界で活躍し、自ら1 on 1で行う経営者向けのエクゼクティブコーチングや、組織全体対象に企業価値を高める組織開発型コーチングなど多種多様なコーチング経験を行う。
活動目的大学在学中、また卒業後もコーチングをお互いに研鑽する場。
将来的にも同志社大学生として長く繋がることのできる場づくり。
活動内容学生が主体となり、学生同士で、お互いのためにコーチングの練習をしながら、社会に向けての発信をしていきます。社会人、エグゼクティブとの交流も行っていきます。
対象同志社大学の学部生・大学院生ならびに卒業生
メンバー学部・学年関係なく78名が参加中。(12月3日時点)
参加申込https://lin.ee/frvqDxw
関連書類
お問い合わせ先