SDGs研究プロジェクト 関連ニュース

「“諸君ヨ、人一人ハ大切ナリ” 同志社大学SDGs研究」プロジェクトに関連するイベント等のお知らせ

【シンポジウム開催】
「SDGs ネクスト「深山大沢」プロジェクト──ミツバチから宇宙まで」(11/22開催)

 本プロジェクトの研究課題「ネクスト「深山大沢」プロジェクト─良心の概念拡張と新たな実践」に関連して、以下の通りシンポジウムが開催されます。

  • 日時:2022年11月22日(火)16:40〜18:40
  • 場所:同志社大学 今出川キャンパス 同志社礼拝堂&Zoomウェビナー
  • 登壇者:
小原 克博(神学部教授)「ネクスト「深山大沢」と良心」
服部 篤子(政策学部教授)「地域コミュニティとソーシャルイノベーション──同志社ミツバチ・ラボ」
和田 喜彦(経済学部教授)「エコロジカル・フットプリントとオーバーシュート」
林田 明(理工学部教授)「気候変動と人新世」
石川 正道(高等研究教育院客員教授)「人類と宇宙」
桝 太一(ハリス理化学研究所助教)「なぜサイエンスコミュニケーションが重要なのか」
  • プロジェクト・メンバーによるパネルディスカッション:
後藤 琢也、稲岡 恭二(理工学部教授)、廣安 知之、野口 範子(生命医科学部教授)、櫻井 芳雄、元山 純(脳科学研究科教授)、武藤 崇(心理学部教授)、金津 和美(文学部教授)、飯塚 まり(ビジネス研究科教授)

詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。
公開シンポジウム 「SDGs ネクスト「深山大沢」プロジェクト──ミツバチから宇宙まで」

(関連資料)
公開シンポジウム「SDGs ネクスト「深山大沢」プロジェクト──ミツバチから宇宙まで」チラシ[PDF 639KB]

【記事掲載】〈商学部 瓜生原 葉子 教授〉
「森林保全 すごろくで学ぶ」(読売新聞)

本プロジェクトにて研究課題「森林保全に資する次世代育成プログラム開発に関する研究」に取り組んでいる商学部 瓜生原 葉子 教授/ソーシャルマーケティング研究センター長がコトクリエDAY2022(2022年10月2日、奈良市)において行った社会実装プログラム「Forest Quest~すごろくで楽しく森林保全を学ぼう~」の様子が、読売新聞(2022年10月3日付朝刊)において紹介されました。
社会実装チラシ

当日の様子

【記事掲載】〈政策学部 大和田 順子 教授〉
「竹林生かし地域づくりを」(京都新聞)

本プロジェクトにて研究課題「竹林SDGsを通じたグリーンコモンズの創造」に取り組んでいる政策学部 大和田 順子 教授が、向日市の放置竹林を整備・活用する市民グループ「藪の傍」が主催する「竹林を持続可能なものにするための取り組みについて考える会」(2022年4月24日、向日市寺戸町の市観光交流センター「まちてらすMUKO」)において講演・意見交換した様子が、京都新聞(2022年4月25日付)において紹介されました。
講義後の竹林での活動

終了後は学部生・院生と共に竹林へ