こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 研究開発推進機構ホーム
  2.  > 研究開発推進機構の組織
  3.  > 研究センター群
  4.  > 研究センターの点検・評価について
  5.  > 研究開発推進機構「研究センター」評価要項

研究センター(群)

研究センターの点検・評価について

同志社大学 研究開発推進機構「研究センター」評価要項

2006年3月9日 制定

研究開発推進機構に設置する「研究センター(群)」の中間・事後評価は、この評価要項に基づき実施するものとする。

1.評価の目的

研究センター(群)の適切な中間評価を行うことにより、当該組織の自己点検・評価への取り組みを促すとともに、第三者の立場から研究活動の進捗状況等を確認し、その目的が十分達成されるよう、今後の研究活動の推進に資することを目的とする。
また、研究期間の終了後には、事後評価を実施することにより、研究目的の達成状況等を把握し、将来に向けた展望を明らかにするとともに、その研究経過・研究成果等を広く公開し、もって同志社大学の学術研究の進展に寄与することを目的とする。

2.評価の対象

研究センターの設置から、3年経過後に中間評価、期間終了後に事後評価を実施するものとする。
ただし、文部科学省の「21世紀COEプログラム」や「科学研究費補助金(S)」などの競争的研究資金に採択された研究教育拠点については、外部評価機関による中間・事後評価をもってこれに代えるものとする。

3.評価の体制

中間・事後評価に係る評価委員の構成は、次のとおりとし、評価委員の任命は、研究開発推進機構委員会の議を経て、学長が決定する。
(1)
研究開発推進機構長が指名する学識経験(専門的観点から高い知見)を有する学外の専門家や有識者から2名
(2)
研究センター長が推薦する関連分野に精通し、かつ当該研究内容を的確に評価できる学外研究者から1名

4.評価の実施

研究センターの研究活動の進捗状況・達成状況等の評価を行うにあたり、当該評価の公正性、信頼性を確保し、実効性のある評価を実施するために、評価項目、評価基準、評価方法を次のとおり定める。

(1)評価項目
共同研究組織の形成状況
  • 共同研究を遂行・進展するための体制、研究者の学内外のバランス、レベルのバランスなどは妥当か。
  • 研究者相互の有機的な連携が保たれ、活発な研究活動が展開されるネットワークが形成されているか。
  • 若手研究者が有為な人材として活躍できるような仕組みを措置し、機能しているか、また、大学院生・PDの育成・活用状況は適切か。

当初研究計画の実施状況
  • 研究センター設置当初の研究目的に沿って、実施計画は着実に進展しているか。
  • 今後実施する研究計画及び計画を進めるにあたっての将来の課題は何か。また、それに対して検討している解決策はどのようなものか。
  • 研究センターの研究成果が、論文・著書等で業績として上がっているか、学会・会議等において公表されているか、さらに、研究会・講演会・Webページ等で広く社会一般に対しても分かり易く公開されているか。
  • 研究センターの活動に関連した競争的資金の積極的な獲得に取り組んでいるか。
  • 研究費は効率的・効果的に使用されているか、重点化は行われたか、研究者間の資源の配分は適切に行われているか。

教育・研究への貢献状況
  • 研究センターの研究成果について、本学の教育活動へ還元された事項、あるいは今後貢献が期待される事項があるか。
  • 研究センターの研究成果について、本学の研究活動へ活用された事項、あるいは今後貢献が期待される事項があるか。

専門的及び社会的な評価
  • 関連する学会等が研究センターの研究に対してどのような評価を行っているか。
  • 産官学連携、社会貢献の視点からどのような評価がされているか。
  • 学内外にどのようなインパクトを与えたか。
  • 研究センターとして特色を国内外に効果的に示すことができたか。
  • 社会的評価として、新聞、雑誌、ニュース等でどのような評価がされているか。

新たな学問領域等の創出
  • 独創性、新規性を格段に発展させる研究成果、あるいは学問的、学術的な新たな知見の創出の可能性があるか。
  • 新たな研究領域や新たな学会組織の創出の可能性があるか。
  • 当該研究分野及び関連研究分野への影響力・貢献度はあるか。
  • 研究成果の活用の見通し及び副次的効果はどのようなものか。
  • 研究センター設置終了後の研究活動の発展は期待できるか。


(2)評価基準
中間評価の評価基準は次のとおりとする。
評価基準
5計画以上に順調に研究が進んでおり、特段の研究成果が期待できる。
4計画どおり順調に研究が進んでおり、より一層の発展が期待される。
3概ね計画どおりに研究が進んでおり、当初の研究成果が期待される。
2一部計画どおり研究が進んでおらず、より一層の努力が必要である。
1現状において成果が期待できず、研究の中止又は縮小が適当である。

事後評価の評価基準は次のとおりとする。
評価基準
5期待以上に当初の目的を達成し、十分な研究成果、進展があった。
4期待どおり当初の目的を達成し、順調な研究成果、進展があった。
3概ね期待どおりに目的を達成し、当初の研究成果があった。
2一部期待どおりではなかったが、一応の研究成果があった。
1当初の目的を達成できず、研究成果があったとは言い難い。


(3)評価方法
研究センターの評価は、以下の手続きに基づき行うものとする。
書面評価の実施
評価委員は、研究センターの研究活動について、次の「評価資料」(様式1及び様式2)に基づき個別評価を行い、評価の結果を別に定める「評価意見書」(様式3)により報告するものとする。
(評価資料)
  • 研究開発推進機構「研究センター」研究経過・成果報告書(様式1)
  • 研究開発推進機構「研究センター」自己点検・評価報告書(様式2)

合議評価の実施
研究開発推進機構委員会のもとに、研究開発推進機構委員会委員3名による評価小委員会を置く。
評価小委員会は、「評価資料」及び「評価意見書」に基づき、合議による総合評価を行い、「評価結果」(案)(様式4)を作成し、研究開発推進機構長に報告する。
なお、評価小委員会は、審議に際し、必要ある場合、研究センター長に意見を求めることができるものとする。

評価結果の内示
研究開発推進機構長は、「評価結果」(案)及び「評価意見書」を研究センター長に内示する。

評価結果の審議
研究開発推進機構長は、「評価結果」(案)及び「評価意見書」を研究開発推進機構委員会の議に付し、「評価結果」の決定は、学長が行う。

評価結果の反映
学長は、「評価結果」に基づき、必要に応じて、それ以降の研究センターの研究費の適正配分、存廃等について適切な措置を講じることができるものとする。

評価結果の公表
評価終了後に、「評価結果」は、「評価資料」と併せて公表する。

5.その他

この要項に定めるもののほか、評価の実施に関し必要な事項は別に定める。

6.事務

この要項の実施に関する事務は、研究開発推進室が取り扱う。

7.改廃

この要項の改廃は、研究開発推進機構委員会において決定する。

附則

この要項は、2006年4月1日から施行する。