こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 研究開発推進機構ホーム
  2.  > 研究助成案内
  3.  > 学内研究助成
  4.  > 研究支援課所管(個人研究費)

研究支援課所管

個人研究費

規程及び様式
規程及び各種様式はこちらからダウンロードしてください
教職員のページ>お知らせ>研究助成>学内研究助成(研究支援課所管分)


1.制度の概要

個人研究費は、本学の教員個人に係る学術研究活動の充実を図るためのものです。

2.構成

個人研究の助成費は、次に掲げる研究費をもって構成されます。
  1. 個人研究費
  2. 個人研究奨励費

3.交付対象者

  1. 個人研究費
    教授、准教授、専任講師、助教、専任研究員、任期付教員(教授・准教授・講師・助教)、特別客員教授、契約期間が6月以上の客員教員A、助手、任期付助手、その他任用規程において個人研究費支給の定めがある者

  2. 個人研究奨励費
    科学研究費助成事業に申請をした教員のうち、所定の基準に基づき決定された教員。ただし、科学研究費助成事業に採択された教員を除きます。

4.交付申請

  1. 個人研究費
    個人研究費の交付を受ける方は、「個人研究費交付申請書」を所定の期間内に所管課へ提出してください。交付申請書の提出がない場合は、研究費は交付されません。

  2. 個人研究奨励費
    個人研究奨励費の交付を申請する方は、科学研究費助成事業の審査結果の開示を受け、その写しを所定の期日までに所管課へ提出してください。

5.使用範囲

  1. 個人研究費
    個人研究費の使用範囲は、直接研究に関係ある諸経費で、学校法人会計上教育研究経費支出で下記に掲げるもの、および教育研究用機器備品支出といたします。
    (1)消耗品費(文具雑品費、薬品材料費、新聞雑誌費、印刷製本費)
    (2)用品費(図書費、機械器具費、標本模型費、ソフトウェア費)
    (3)旅費交通費(研究旅費、交通費)
    (4)通信費(電信電話料、郵便料)
    ただし、電信電話料については研究室個室の電話料で限度額を超えた分、及び使途を研究に係るデータ通信料金に限る。
    (5)修繕費(修繕料)
    ただし、個人研究費で購入した機器備品の修繕に限る。
    (6)賃借料
    ただし、機器備品の賃借料に限る。
    (7)委託費(計算委託費、その他委託費)
    (8)諸用費(会費、謝礼、雑費)
    ただし、謝礼については予算管理に関する取扱要領による。
    (9)教育研究用機器備品(機械器具費、標本模型費)

  2. 個人研究奨励費
    個人研究奨励費の使用範囲は、科学研究費助成事業(直接経費)の取扱いに準じます。

6.研究期間終了後の手続き

個人研究費を受けた方は、所定の期日までに「個人研究費研究経過・成果報告書」を所管課へ提出してください。提出がない場合は、次年度の個人研究費は交付されません。

7.担当部課

研究開発推進機構研究支援課