こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 研究開発推進機構ホーム
  2.  > 研究助成案内
  3.  > 学内研究助成
  4.  > 研究支援課所管(研究環境充実費:学部・研究科等分)

研究支援課所管

研究環境充実費(学部・研究科等分)

規程及び様式
規程及び各種様式はこちらからダウンロードしてください
教職員のページ>お知らせ>研究助成>学内研究助成(研究企画課所管分)

1.趣旨

2011年7月14日開催の部長会で了承された「競争的資金に係る間接経費の取扱い-競争的資金獲得支援費(仮称)の新設」にもとづき、2012年度から新たに研究環境充実費(学部・研究科分)(以下「研究環境充実費」という。)を新設する。  研究環境充実費は、学部・研究科等における研究活動の促進、研究環境の整備、および、大学院学生を含む若手研究者の支援を目的として、研究活動に係る経費を補助する学内経費とする。事業実施にあたっては、学部長、研究科長のリーダーシップのもとに、事前に事業計画を立てて実施するものとし、この事業の成果を次の個人研究、共同研究につなげるとともに、新たな学外資金の獲得につなげ、学外資金→間接経費・研究環境充実費→学外資金というサイクルの形成を目指す。

2.予算額

研究開発推進機構から年度始めに通知する額

3.使用できる範囲

研究環境充実費の使用することができる範囲は、教員の研究活動および大学院学生の研究指導に必要な経費とし、具体的には、研究費等の管理に関する取扱要領の受託研究費・共同研究費に準拠して執行する。但し、人件費については、アルバイト職員の雇用に係る経費についてのみ執行を認める。
なお、次の経費については執行できない。
専ら学部学生に係る経費
研究支援員の雇用に係る経費(アルバイト職員の雇用は可)
学内者のみによる会合費
旅費交通費取扱要領第9条第1号ただし書(外国旅費のビジネスクラスの利用)、および、第17条第4項第2号(国内旅費のグリーン料金加算)は、適用しない。

4.申請方法

前年度の学部等管理間接経費の残額が確定後、事前に、事業計画書(①事業内容、②所要経費)を提出する。

5.その他

(1)
研究環境充実費については、予算の繰越措置を行う。
(2)
事務の所管は、研究開発推進機構、執行管理および予算管理は、学部・研究科等事務室で行う。
(3)
この制度については、原則として5年後、改めて点検、見直しを行うものとする。

6.参考

人件費について
競争的資金の間接経費または直接経費(学外資金)により、支出可能な職名
  • 同志社大学特別研究員(PD、DC)
  • 特定任用研究員
  • 研究支援員
  • アルバイト職員
研究環境充実費(学内資金)により、支出可能な職名
  • アルバイト職員

以上